いずれも。

あれもこれも、いずれも必然。

いつかじゃなくて、今すぐ書けばいいじゃないか。

2013年は3ヶ月で70、2014年は151、2015年は194、2016年は82、そして2017年は今のところわずか21エントリーしか書いてないのかー。 なんで急にそんなことを振り返ってるかというと、一応今日がこの「いずれも。」の4周年記念日ということなので、何か書いて…

洗い流したほうがいいことと、洗い流しちゃいけないことの見極めが大事。

もう後出しジャンケンみたいに今更何か書かなくていいかなと思ったけど、そんな感覚でいるからブログが書けなくなってんだろ?と思い直して、ちょっと書いてみることにする。もうわざわざ動画を持ってくるまでもないと思うので、ズイショ (id:zuiji_zuisho)…

人を従わせるために使われる「普通」が嫌いだ。

ボクの上司は「普通」が大好きである。意見を述べるとき90%ぐらいの確率で「普通は~だから、こうすべき」という言い回しをする。対してボクは「普通は」と言い出されると、もう話を聞く気がなくなるくらい「普通」が嫌いだ。普通がどうした?皆と同じよう…

もっと大切なものに限りある時間を使っていきたい。

家に帰ると、いつも以上にうちの奥さんがにこにこしながら、出迎えてくれた。気のせいだろうか?週末の開放感がそう感じさせるのかもしれない。と思ったけど、やっぱりなんか変だ。あきらかになんだかうれしそう。 ちょっと待ってて、と言いながら、奥さんは…

内容のないコミュニケーションがうまくできないよう。

なんの意味がある?と考えすぎてしまう。 なんかそれが言いたかっただけみたいなタイトルだが、ボクは内容のないコミュニケーションができなくてときどき悩んでいる。 p-shirokuma.hatenadiary.com その際には、会話の内容だけでなく言葉を交換すること自体…

名古屋駅でコインロッカーの空きがないときは、高島屋サービスカウンターの手荷物預かりへ行こう。

コインロッカーの空きがない! そうだ!名古屋城に行こう!ということで、ボクらは名古屋駅にやってきた。いや、実際はそんな思いつきで動いたわけじゃなく、うちの奥さんが事前にちゃんと計画を立ててくれていて、予定通りの時刻にボクはここにいる。旅行の…

自分の中のハードディスクはもう壊れてるので、TodoはすべてTodoistに預けることにした。

仕事がこぼれおちていく。 またやってしまった。ボクは期日が過ぎた伝票を手に呆然としていた。数日前にも似たようなことが起こったばかりだ。アレは特に問題なく処理できたけど、今回はどうだろう? ほんの少し早く気づいてれば、こんなに精神的に追い込ま…

このブログは全然「いずれも。」じゃないことに気づいてしまった。

ブログのアクセス激減から1ヶ月がすぎて。 あれから1ヶ月以上がすぎ、3分の1になったと言っていたブログのPVは更に減って4分の1、いや5分の1ぐらいにまで減少した。あ、あれからというのはこれのことね。 www.izuremo.com いろいろ調べたり、試したり…

心貧しく人を見下してないで、思考プロセスを楽しみたい。

自分の中にある見下しに気づく。 ボクは今自分と同じ年頃の派遣社員の女性といっしょに仕事をしている。最近はとても人の入れ替わりが激しくて、2年ぐらいの間に3人も人が去って行き、彼女は4人目のパートナーということになる。 なぜ、そんなに人の定着率…

すべての命が尊いなんて思えない。

命は尊いものだけど、それを平気で脅かすようなヤツの命は尊くない。 「すべての命が尊いなんて思えない」と言い放つとなんだか背徳感に襲われる。この言葉には明確な差別意識があるからだ。尊くない命なんかあるはずないじゃないかと責められてもしかたない…

暑くもないのに汗だくになって目がさめる。

な、なんだこれ?!目を覚ますと、上半身びしょぬれ状態だった。まだ寝ぼけてて何が起こったのか理解できない。しばらくすると、これは尋常じゃない汗の量だと理解した。 上半身は絞れるくらいびしょぬれだから、とりあえず着替えるしかない。枕もぐっしょり…

やさしくないボクの失敗。

また一人身近な人が長期療養に入ってしまった。もうこれでうちの会社で長期療養に入った人は何人目だろう?これって近頃はどこでも多く見られる現象なんだろうか?ボクは転職したことがないから、他の会社のことは知らないけど、やっぱりこれは普通じゃない…

ブログのアクセス数が3分の1に激減!これが噂のGoogleペナルティというやつか!

ブログのアクセス数が突然激減した! 何気なくスマホでブログのアクセス数をチェックして驚いて二度見した。だいたいこの「いずれも。」のPVはとても低いところで安定していて、昼休みにチェックしたらこれぐらい、寝る前にチェックしたらこれぐらいというの…

【この世界の片隅に】何気ない日常を退屈だと思えるのは、とても幸せなことだ。

淡々と描かれる何気ない日常。 はじまってしばらくの間は、淡々と場面が移り変わりながら、なんでもない日常が描かれていく。ほんわかした画風はスキだし、のんの声も合ってる。でも、正直言ってこぞって賞賛されるほどかなあ?と思いながら見続けていた。 …

仕事が楽しいと思えたことなんて、一瞬もないんです。

派遣社員の人が2か月ぐらいでやめていった。12月に辞めてしまったパートさんの入れ替わりで急遽入ってもらった人だったけど、飲み込みが早くて、軽く説明したらささっとこなしてくれるタイプの人だったから、いなくなるダメージがでかすぎてかなり落胆して…

人はつい欠けたところばかりあげつらってしまう存在である。

ふと思い出した長いトンネルを歩む日々。 こんなこと言ったらバカにされるかな、ガッカリされるかな、と怯えたり、言動を否定されないか常に緊張していると、そのことにばかり労力を割くハメになって、本来の能力発揮にかける余裕がなくなってしまう。(イン…

はじめてのてちょけん。

群れるのはスキじゃないけど、てちょけんに参加する。 ボクは群れるのがスキじゃない。集団の中にいるのは疲れるし、なんか身の置きどころに困るあの感じも苦手だし、深く踏み込んでいけば、人間関係の難しさに打ちのめされたりもするし、まぁ、正直なところ…

奈良 菖蒲池でこんな美味しいカレーが食べられるとは! 具沢山でスパイシーでぇ〜(以下略)【カレー処プラーナ】

久々に今まで行ったことない店に行こう!と急に思い立ち、さくっと検索して出てきたあやめ池のカレー店プラーナに行くことにした。あやめ池には子供のころに遊園地に行った記憶があるけど、もう何年ぶりだろうか。 菖蒲池駅で降りて少し歩く。天気予報は雪だ…

【バイオハザード・ザ・ファイナル】ついにアリス最後の戦い!4DXでがっつり見届けてきた。

14年続いたバイオハザードもついにファイナル。ストーリーはおいといて、魅せることにこだわり抜いたアクションでは、やっぱり期待を裏切らない。アリスの戦いはどう収束するのか?人類は生き残れるのだろうか? バイオハザードファンとしては、ファイナルと…

自分の性格をかなり的確に言い当てられるディグラム診断がおもしろすぎる。

新年を迎えると、なんとなく新たな本に触れたくなる。その衝動に応えるには、やっぱり電子書籍じゃなく紙の本が必要で、ボクはそそくさと本屋に向かった。気になる本を数冊買ったんだけど、そのうちの一冊がこの本。 1400万人の新ディグラム性格診断作者: 木…

908 FESTIVAL SPECIAL!!「カウントダウン大阪」ではじめてのKICK THE CAN CREWに感涙。

笑ってはいけないも紅白も見ない! だいたい年末年始は「笑ってはいけない」を軸に時々紅白を見るというのが、我が家では恒例になってるんだけど、今回はどちらも見なかった。いや、正確に言うと「笑ってはいけない」はすぐにHuluで配信されてたから、年を越…

おみくじで凶をひいても、ひきなおしたくない。

尿意とたたかう。 今年の初詣はいつもの橿原神宮じゃなく、三輪神社に行くことにした。年に1度のイベントだから毎回同じ場所でもあまりマンネリ感はないし、変えなくてもいいけど、たまには違う場所にも行ってみたいという好奇心もあって父親の提案にのっか…

完全なる他人と一緒に暮らすのがつらすぎるから、恋愛結婚がムリなら1人でいたい。

最近、やけに恋愛と結婚の話題が目に入るのでなんだか気になるテーマだし、スルーせずに向き合ってみることにする。 p-shirokuma.hatenadiary.com 通過儀礼としての機能を帯びるようになったということは、つまり、恋愛もまた個人を抑圧する社会的因子の一つ…

そうか、ボクはタフに見えているのか。

唐突に「タフですね」と言われてうろたえた。え?しょっちゅうヘコんで悩んで動けなくなってるボクがタフだって? 「え?どういうこと?」と思わず問い返す。「僕はメンタルつよくないんで、部長にあんな感じで言われたら、すぐ話せなくなりそうです」あんな…

ハリー・ポッターがスキかどうかなんて関係なく、ファンタスティック・ビーストは映画館でみてほしい!

年末にむけて、個人的にとても幸せな状況に突入している。スター・ウォーズ欲を満たしてくれるであろう「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」それからゾンビ欲を満たしてくれそうな「バイオハザード・ザ・ファイナル」そしてファンタジー欲なら「…

【迷家-マヨイガ-】人生をやり直したって、自分が同じなら似たような人生繰り返すだけだ。

Huluで配信されてる「迷家-マヨイガ-」というアニメがなんとなく気になって見始めた。人生をやり直したい若者たちが「人生やり直しツアー」と称してバスに乗り込み、納鳴村という場所へ向かうらしい。そこへ行けば生まれ変われるなんてありえないし、うさん…

自分の生き方を語るのに正常か異常かなんてのは、二の次でいいじゃないか。

ボクにはやりたいことがたくさんある。ほぼ日手帳を開けば、70個ぐらいやりたいことが書いてある。ただ、それらは夢と呼べるような大袈裟なモノじゃなくて「ウォーキング・デッドを見たい」とか「あたらしいクツがほしい」とか超くだらないことが書いてある…

ロードス島戦記がいかにおもしろいかを語り合いたかった。

ボクの人生に大きな影響を及ぼした作品の1つ「ロードス島戦記」を久々に読み返している。まだライトノベルという言葉がなかった時代に刊行されたものだけど、その先駆け的な存在と言えるだろう。 「ラノベが人生に影響を与えるだって?」と笑われそうだけど…

人生はそんなにバランスのとれたものじゃないし、公平でもない。

ぼんやりとYahoo!知恵袋を眺めていたら、こんな質問が目についた。まぁ、ボクも最近ちょっと落ち込み気味だからだろう。 detail.chiebukuro.yahoo.co.jp 落ち込みから、這い上がる!ときにどうやって前向きに考えますか? 「忘れる」「他のことで気を紛らわ…

絵が描けない人でも楽しめる手帳の使い方10選!+2

そろそろ今年の終わりが気になりはじめるこの時期、今年の手帳がしっかり書けていても、ほとんどまっしろだったとしても、来年の手帳はどう使ってやろうか?と考え始めたりする。そして、もはや去年とあまり代わり映えしない雑誌の手帳特集になんとなく目を…