いずれも。

あれもこれも、いずれも必然。

サードブロガーって悪くないな!

せっかく「感想をブログで書いてもらえると喜ぶグループ」に入らせてもらっているので、ブログのネタに困ったときには意識的に感想を書いていこうかなと思い、グループの記事リストを眺めるのが日課になってきている。
 

サードブロガーに、なりませんか。 - 犬だって言いたいことがあるのだ。

 
サードブロガーってなんだ?と思って読んでみると、曲がりなりにもブログを日々の楽しみとして続けていこうと考えているボクには色々と心に留まることが書かれていたので、ちょっと向き合ってみることにした。
 
が、しかし、書きはじめてみると、どうにもひっかかることがあって立ち止まってしまった。
アルファブロガーなるものを目指しながらも、難しいと感じている人に、僕は1つ提案したいことがある。(犬だって言いたいことがあるのだ。)
そもそもアルファブロガーってなんだっけ?
 

アルファブロガーとは何か?を調べてみた。

ボクは恥ずかしながら、アルファブロガーというコトバの意味すら知らなかった。GunosyやらFeedlyやらを駆使して毎日幾つものブログを読んでいるから、何度も目についてはいるコトバだけど、超人気のあるブロガーのことかな?ぐらいでちゃんと意識したことはなかった。

 
改めて調べてみると、アルファブロガーというのは、影響力のあるブロガーのことを指すらしい。超人気のあるブロガーというボクが持っている浅はかな認識でいくと、アメブロとかでやたら人気のある芸能人ブロガーをイメージしてしまうけれど、意図するところはそうではなくて、もともとはビジネスに役立つ影響力というのを意識していたようだ。
 
 
 
そのあたりのことはこの記事に詳しく書かれていた。去年まではアルファブロガーアワードなんていうイベントも行われていたらしい。ボクが日常的にブログをよく読むようになったのは、はっきりとは覚えてないけれど、去年からだと思うので、そんなイベントがあったのかー!と今さっき知った次第だ。
 

ようやくサードブロガーについて考えてみる。

そんな知ったばかりの知識を踏まえつつ、あらためてサードブロガーについて考えてみる。
しかし、三番目のブロガーというのは、もう一番の席も、二番の席も、とっくに埋まっているところにやってきて、ずっと立ちっぱなしでいる人だ。だから、これまでの価値観にとらわれることなく、自由に動き回ることができる。(犬だって言いたいことがあるのだ。)

この考え方は僕にとっては衝撃的だった。空席がないから、むしろ自由に動き回ることができるなんて、ボクの中からは生まれてこない視点でカッコよすぎる。席が空かないかなぁと指をくわえてぼんやりしていたり、立ち尽くして足が痛くなって、もうやめちゃおうかな、なんて思ってしまう自分が恥ずかしすぎる。穴が無かったら、掘ってでも入りたい。

サードブロガーって悪くないな!

ブログに期待するものはなにか?

もし、僕らがこれらのスペースだけで十分に幸福を感じられたり、満足を得られているなら、ブログを書くことはないんじゃないだろうか。(犬だって言いたいことがあるのだ。)

どのスペースでも満たされない何かを抱えているのは間違いない。それがなんなのかを突き詰めていこうとすると、異常な長文になってしまいそうな予感がするので、なぜブログを書くのか?というテーマで1度書いてみようかなぁ。

 

これだけのことを考え、それなりの時間を使ってブログを書いているし、特にはてなブログを始めてからは、それが日常の一部になりつつある。そこに何の期待感もないはずはないな。

 

ボクはこういう気づきがほしくてブログを読んだり、自らも書いてみたりしているのかもしれない。