いずれも。

あれもこれも、いずれも必然。

今のボクにはかける言葉を見つけられない。

f:id:koh0605:20131116001939j:plain
 

自殺するということ - ロックンロールと野球とラーメン

 

生きてかけられる迷惑よりも、死なれた方がずっとずっと迷惑だ。
迷惑かけたくないなら死ぬな。(ロックンロールと野球とラーメン)

 

今このコトバに同意できるボクは、きっとシアワセなんだなぁと思う。もし、突然、死を選択したとしたら、誰かが悲しんでくれて、誰かには迷惑がかかるだろうと想像できることがシアワセなんだ。
 
ボクは死にたいと思ったこともあるし、ただ死ぬのがこわいからと生きていたような時期もあった。そんなときの心情を超リアルに思い出すことはキケンだし、まぁ、できもしない。
 
だけど、そういうときって、自己否定感が強くなりすぎてるから、ボクなんかいなくなったら、みんなせいせいするんだろうと本気で思い込んでしまうのだ。結果として後に残された人のことなんて考えることはできなくなっていて、最悪の状況を招いてしまったりすることもある。
 
人として未熟すぎるとか脆すぎると言えばそれまでだけど、なんというかそういう問題ではなくて、人としてマトモに日常と向き合える精神状態ではなかった。誰の言葉も届かず、自分のことを思ってくれてる人のことほど、疑ってしまう歪んだ精神に支配されるときって、確かにあったんだよなぁ。
 
だから、ボクは同意はできるものの、同じ言葉を死の淵にいる人にかけることはできない。自分は生きていても、死んでも迷惑をかける存在なのか、と感じさせることで人の心を壊してしまいそうだから。
 
ボクにはかける言葉を見つけられない。
 
何も表明しない無責任な文章になってしまったけれど、まぁ、これが今の自分の本音だからしょうがないか。