いずれも。

あれもこれも、いずれも必然。

アラームが鳴る前に目が覚める!と喜んでたらキケンかも?

朝、いつもより早く起きなきゃいけなくてスマホのアラームを30分早めると、ボクはだいたいアラームが鳴る前に目が覚める。おかげで出張するときに遅刻することがなくて、助かるなー!というようなことをブログに書こうとして、何気なく検索したらこんな記事が見つかった。
 
 
毎朝、目覚まし時計が鳴る前に目が覚める。結構なことのようだが、本当は危ない症状なのだ。「過緊張」といい、それが疲れの原因になっているというのだ。働き盛りに見られる不眠、肩こり、体のだるさ、ほてり、女性に多い冷え症もそうだ。病気とまではいえないが、ほっておくとよくない。(J-CASTニュース)

アラームが鳴る前に起きられるから遅刻しないで助かる、と喜んでる場合じゃなかったのか!過緊張ってはじめて聞いたし。肩こりがひどすぎるのはこれと関係あるんだろうか?ほっておくとよくないということなので、どうしたらいいか続けて読んでみる。

ゆっくりと風呂に入って体を温める、風呂あがりに軽い体操やヨガをする、ゴロ寝しながら好きな音楽を聴く、静かに読書を楽しむ、マッサージをする…。(J-CASTニュース)

寝る前にブログを書くってのは、どうなんだろうなぁ。でも、いろいろ考えながら書いてるから、リラックスした状態とは言えないだろうな。おとなしくKindleで読書を楽しんでおいたほうがよさそうだ。

 

 

過緊張は、深刻な不調や症状がない限りは放置されがちですが、悪化すると治癒に長い時間がかかり、日常生活に支障をきたすこともあるので油断は大敵です。(病気病院医者)

なんだか昔やってた「本当は怖い家庭の医学」みたいになってきたな(苦笑)まぁ、常に過緊張を疑うような状態があるわけじゃないし、あんまり気にしすぎないようにしよう。心配しすぎて過緊張になってたんじゃどうしようもないもんな。

 

こんなまとめも発見。結構関心高いテーマなんだなぁ。

え!?目覚ましやアラームよりも、いつも早く目覚めているのは危険な事!? - NAVER まとめ