いずれも。

あれもこれも、いずれも必然。

ブログに日記なんか書くなという人も、面白ければ黙って読むんだろうなぁ。

ボクはブログに日記を滅多に書かない。だって毎日に何か変化があるとしたら、会社に遅刻しそうになったとか、なんか仕事で失敗したとか、まぁ、晩ごはんがうまかったとか、まずかったとかそれぐらい?そんなの、書いても楽しくないし、それを読まされるほうも楽しくないだろう。まぁ、そういうことはほぼ日手帳にちょこちょこ書いて満足してるしなぁ。
 
でも、ボクは自分がそうだからといって「ブログに日記なんか書くな」とは別に思わない。だって、その人がブログを書く理由がなんでもない日常を共有したいからだとしたら、誰かに否定されるようなことじゃないもんな。
 
だから記事を読んでみて気に入らなかったり文句があるなら無視すりゃいいんじゃね?としか言いようがないんだが、ネットの徘徊者と言うのは余ってる時間を無駄遣いさせやがってと言う自己矛盾と何が偉いのだから判らないけれども無料で何の労力もなく勝手に記事を読み、そこへ蔑んだコメントを付けて何か一言くさすことで満足したいし、そのひとことでオレ解ってる感を出したい業の深い生き物なんだろうというセルフブーメランでブログ語り患者の罪深い記事を終わりたいと思う。(あざなえるなわのごとし)

ついタイトルが気になってクリックしてしまったとして、中身が自分の期待にそぐわないものだったとしたら、スルーすればいいというのにはまったく同感。でも、ささやかな優越感に浸りたかったり、つまらないと感じる記事をクリックさせられたことが悔しかったりして、スルーできなかったりするのかもしれない。

 

そもそも、なんでもない日常を超面白く語れる人もいるし、滅多にありえないような希少な体験を超つまらなく語ってしまう残念な人もいる。けっきょくのところ、問題は日記かどうかじゃないんじゃないか?という気もしてきた。

 

なんでもない日常を超面白く語れる人になれたとしたら、目に映るモノすべてがブログのネタになるんだろうか?羨ましいけど、ちょっと疲れそうだな。