いずれも。

あれもこれも、いずれも必然。

Every Little Thing TOUR 2014 FUN-FARE in なら100年会館に参戦!

f:id:koh0605:20140625234056j:plain

思った以上の良席に感激!

なら100年会館でのELTライブは2回目の参戦。あいかわらず家から30分以内で行ける会場ってのは、ホントにありがたい。大阪でのライブならその日はもう家でゆっくりすごすのはあきらめなきゃいけないけど、だらだらすごして昼から動き出してもOKなのはうれしい。
 
今回はもっちー画伯のイラストスタンプラリーが開催されていて、ボクもとりあえずスタンプの列に並んで押してみることにした。奈良のスタンプはゆるすぎる大仏。他の県のスタンプを見てみると、これより明らかにてきとーなタッチのスタンプもあって、微妙な優越感に浸る。
 
で、肝心の席はというと、正直言ってMブロックと聞いたらもうたいした席じゃないなとあきらめていたんだけど、いざ会場に入ってみたら前から数えて十数列目の良席だった。ここからなら、もっちーといっくんの表情がはっきり見えるだろう。ワクワクが止まらないじゃないか!

聞きたかったGrip!やファンダメンタル・ラブに感動!

まさか聴けるとは思ってなかったGrip!が聞けたのはうれしかった。メドレーの中の一曲としてだから、ワンコーラスで終わりだったけれど、贅沢は言うまい。この曲は自分にとっていろんな意味で大事な一曲だし、意外だったファンダメンタル・ラブにも燃えた!
 
BFFはライブで聴いたらぜったいたのしそう!と思ってたけど、ヘッドセットで歌いながら踊るもっちーが観れるとは思わなかった。後で知ったけど、河原とかでBFFを踊るもっちーの動画が公開されてたみたい。まぁ、これを見て予習しても、リズム感の欠落著しいボクは一緒に踊れはしないのだけれど。

やっぱり2人の空気感に癒されてしまう。

ステージから降りて、なら100年会館の観客席脇の通路で戯れるもっちーは、いきなりソラアイを歌い出したりしてゆるかった。ボクは反対側の端の席にいたから、ほとんどもっちーが見えなくなって残念な感じに。ただし、いっくんは相当間近で見ることができた。しかし、願わくばもっちーにもこっちにきてほしかったというのが本音のところ。許せ、いっくん。
 
Dear My Friendのイントロをデレレ〜♫とか口ずさみはじめるもっちーのゆるさは、もう誰も太刀打ちできない領域というか、ホントに自由すぎ。いっくんはあいかわらず、いっくんじゃなきゃ許してもらえなさそうなトーク全開。奈良に来たら、とりあえずせんとくんって言っとけばOKだろ?ってぜったい思ってそう。
 
そんなこんなで、やっぱりELTはいいな!と再認識したライブでした。
なんだこの小学生の日記みたいなノリはw