いずれも。

あれもこれも、いずれも必然。

今からやろうとしてるところだけど、結婚式はやったほうがいいと断言してしまおう。

今まさに結婚式をやろうとしている。


(c) .foto project

「結婚式はするかしないか?」と問われると、今のボクにはそりゃ、やったほうがいいに決まってるでしょ!と答えるしか選択肢がない。だって、今まさに結婚式やろうと話を進めてるところだしなー。

 

ただ、数百万も金をかけて盛大にやる、というのは全然考えてない。そんなに人脈広くないから、人を集められないし、金もない。まぁ、今はそんな形式にこだわらなくても、結婚式にもいろいろなスタイルがあるから、二人だけで挙式することだってできるしね。

 

でも、一般的に結婚式ってのは親だとか親戚だとかが絡んできて、自分の価値観だけではものごとを進められないんだろうなぁ。ボクの場合は多少ワケありだから、逆に自分たちだけでやり方を決められたところはあるけれど。いろんな人の思惑に翻弄されまくると、きっともうどうでもよくなってきたりするんだろうなぁ。 

 いわゆる格安結婚式ってどうなんだ?

ボクが結婚式をやりたいと思った理由は2つある。ひとつめはウエディングドレスだよなぁ、やっぱり。着せてあげたいし、自分も見たい。まぁ、のろけっぽいのはこれぐらいにしとく。ふたつめは好奇心を満たすため。短い人生、できそうなことはなんでもやってみたいじゃないすか。

 

できるだけお金はその後の生活に残したいボクは迷うことなくいわゆる格安結婚式を選択した。せっかくなので、ボクの好奇心が満たされたことをいくつかおすそわけしてみることにする。

1.67,000円では結婚式はできない。 

【公式】少人数挙式専門の小さな結婚式

 

 

挙式プランは6万7000円。衣装、メイク、写真撮影付きで
挙式に必要な10のアイテムが含まれています。
ヘアメイク、衣装、フォトグラファーなど
全て自社ブランドを持つ少人数専門の「小さな結婚式」
だからご提供できる価格です。
全国各地の挙式会場で年間9,000組の方が
小さな結婚式で挙式を叶えています。

 できないと言い切るのは、ちょっと語弊がある。最低限必要なモノは網羅されてるので、できなくはない、というのが正しい。更に課金すると手に入るちょっといいアイテムを見せられても、予算を死守する強靭な意志があれば問題ない。アプリで新しいアイテムほしさについ課金するタイプの人は誘惑に負けそうだけど。

 

 まぁ、プラス3,000円ぐらいならちょっとイイもののほうがいいかな、プラス5,000円ぐらいならこっちのほうがいいかな、せっかくだし、もうちょっと写真撮っておきたいよなぁとか言い出すとあっという間に基本プランの倍ぐらいのお金がとんでいく。

 2.運の要素もあるんだよなぁ、これが。

結婚はギャンブルなんてことを誰かが言ってたような気がするけど、そういう話じゃなくて、着たいウエディングドレスが自分の挙式日に他の誰かに使われてないか、というのが運に左右される要素だったりする。どうしてもこだわるなら、挙式日を変更すればいいんだろうけどね。

 

あと、運とは関係ナシに更に課金するウエディングドレスのほうが、やっぱりデザイン的にいいし、選択肢も多いんだよなぁ。ということで更にお金がとんでいく。

3.でも、やっぱり基本プランでやれることは必要十分。

なんか不満をたらたら垂れ流してる感じになってるけど、なんだかんだ言っても基本プランで押さえてる内容が十分だし、小さいながらも式場は工夫を凝らしたつくりになっていて、十分満足できるものだと感じた。

 

たぶん、誰もがオプションを考えずに基本プランだけで挙式し続けたなら、殆ど儲けはないんじゃないかなぁ。だからこそ、いろいろ見せつけて誘惑してくるのは当然だろう。でも、そこに押し付けがましさはないし、あくまでも自分で選べるから、不満が募ることはないかな。

やっぱり結婚式はやったほうがいい。

豪華に盛大にやってもいいし、こじんまりとやってもいいし、写真を撮るだけでもいいけど、やっぱり結婚式はやったほうがいい。自分と相手の価値観と経済力を見ながら2人で話し合っていつか振り返る思い出を作る行為は、きっとこれからの生活にとっても意義あることなんじゃないかとボクは思っている。

 

まだこれからやろうとしてるところだから、断言しちゃって大丈夫なの?って感じだけど。まぁ、こういう前フリをしておけば、やってみてどうだったのか?の記事がまた書けるじゃないですか、ふふふ。