いずれも。

あれもこれも、いずれも必然。

焼酎がさっぱりわからないけど、無謀にも人に贈ってみる。

元上司への贈り物に悩む。

自部署から他部署に異動される方に贈り物をすることになった。その人はボクが入社したとき、はじめて上司になった人で、途中離れたものの、またくっついて数年を過ごしたという、まさに腐れ縁という感じの人だった。

 

というわけで、当然の流れで贈り物はボクが用意することになったのだが、これは困ったことになったと頭を抱えてしまった。何年もいっしょに仕事してたけど、元上司が何を贈れば喜ぶか、さっぱりわからない。

 

というか、非常に難しい性格で、何かを人にしてもらって素直に喜ぶタイプではないのはたしかだ。キライなものはよく語ってるけど、スキなものを語ってるのなんて聞いた記憶ないな。

 

さぁ、どうしよう。

そうだ、焼酎にしよう!

f:id:koh0605:20140828230606j:plain

そうだ!困ったときは酒だな。おぼろげな記憶をたどってみると、日本酒は最近呑むのをやめていて、焼酎に変えたと言ってたような気がする。いや、他の誰かと間違ってるような気もしなくもない。そういう話を聞いてるときって、自分だって酔っ払ってるからなぁ。記憶があやふやすぎる。

 

まぁ、いいや。焼酎にしよう。

 

ちなみにボクはアルコールはほぼビールしか呑まないから、焼酎のことはさっぱりわからない。元上司が芋好きか、麦好きかもわからない。最後の最後にいらないモノを贈りつけたら、嫌がらせになっちまう。こんなときは、とりあえずネットで検索してみるしかないか。

総合ランキング | 焼酎ランキング.com

 


島美人、富乃宝山、赤兎馬、森伊蔵、天使の誘惑、兼八・・・名前で決めるなら「天使の誘惑」だけど、さすがにそんな決め方はできない。取寄せしてたらもう間に合わないから、店頭で買えるモノの中から選ばなきゃなぁ。

 

むむ?赤兎馬なら売ってるな。紫色と赤色があるけど、どう違うんだろう?よし!これを両方買って飲み比べて楽しんでもらうことにするか!決定!・・・実際にはこんな簡単には決められなかったんだけど、とりあえず決められてほっとした。

 

喜んでもらえるといいな。

紫の赤兎馬と赤兎馬 1800ml×2本セット

紫の赤兎馬と赤兎馬 1800ml×2本セット