いずれも。

あれもこれも、いずれも必然。

スキだけど、さようなら?ほぼ日手帳2015は買わないかもしれない。

もしかしたら、ほぼ日手帳2015は買わないかもしれない。

 

あまりにも、ほぼ日手帳2014がまっしろすぎるのだ。今までにも忙しすぎて書いてる暇がなく、白紙ページが増えるときはあったけれど、最近はそれほど忙しくもないのに、絶望的に書けてない。書いてるページのほうが少ない。

 

書き残しておきたいことは、たくさんあったハズなんだけどなぁ。ほぼ日手帳を書かなくなると、先月何をやってたかなんて殆ど思い出せない。いや、先月どころか先週ですら記憶は危うい。別に忘れても、生活に支障はないけど、ちょっとした心の動きを後から振り返るのが超楽しいのを知ってるだけに、惜しいなとは思ってしまう。

 

そこまで後悔するなら、しのごの言わずにさっさと書けばいいのに、なんでかわからないけど、やけに手書きするのが億劫になってしまっている。ここまで手帳を書けない状態に陥ったのは、2年ぶりぐらいかも。

 

あたらしい手帳のラインナップを見ていると、ついつい無条件にほぼ日手帳2015を買ってしまいそうになるけれど、ここはぐっと堪えて、本当に来年も使うのか見極めることにした。ひとまず、9月がしっかり書けたなら買う。やっぱり白紙が続くようなら、購入を見送ることにしよう。

 

3年使ってきたほぼ日手帳とついに決別することになってしまうのだろうかっ!

ほぼにち手帳2015 今年も、中身だけ買いました。 - (チェコ好き)の日記

ほぼ日手帳は決して値段的に安い手帳ではないと思うし、書き込めるスペースが“1日1ページ”分用意されている手帳もこれだけではないと思うんですけど、やっぱり愛着があるのでやめられないです。((チェコ好き)の日記)

 ボクも1ヶ月後、同じことを言ってるかなぁ。