いずれも。

あれもこれも、いずれも必然。

上から目線にイライラしないのはむずかしい。

責めまくり、追い詰める。

人が何かミスを犯すとここぞとばかりに責め倒して、何も言えなくなるほど追い詰める人がいる。何度も何度も同じことを繰り返し言って、とことん相手の罪悪感を募らせようとし、相手がどんな状態になっていようと、言いたいことをすべて言い切るまでやめなくて、本当に容赦がない。

 

誰かが標的になっているのが聞こえてくると、気が散って仕事に集中できないし、自分が標的になってしまうと、嵐が過ぎ去っても、モヤモヤした感じがなかなか拭えずに仕事が手につかないような状況に陥ってしまう。

 

ボクはウラオモテを作りたくない性分だから、本当はこんなことは直接当人に伝えたいところだけど、ちょっとでも反論しようものなら、余計にエスカレートして時間も感情もムダに浪費するのが解ってるから、もうスルーすることにしている。

 その自信はある意味うらやましい。

あんなふうになりたいとは思わないけれど、延々と一方的に人を責め続けられるだけの自信を持っているのはうらやましい。ボクだって人に対して指摘しなきゃいけないときはするけど、人に言いながら、あぁ、えらそうに言ってるけど、自分だって十分にできてるとは言いがたいよなぁと思い返したりしてるもんな。で、ちょっと言い過ぎたかなと思ったら、論調を変えてみたりする。

 

激昂してるときは、我が身を振り返る余裕なんかないから、そう見えるだけかと思えば、普段から人のことを「アイツはどうだ、こうだ」とやたら上から目線で人を評したりしてるから、ホントに自信過剰な人なんだなぁと思う。話を聞いてると、自分だってどこでどう言われてるかと思い始めてなんとも言えない気持ちになる。

上から目線にイライラしないコツ。

上から目線にいちいちイライラしてしまうと、素直な反省の気持ちが消えてしまって前向きなアクションが遅くなるし、普通に精神的にもよろしくない。なんとかならないものかとちょっと調べてみた。

でも、そんな上から目線の人にイライラしないコツは相手を変えようとすることではないような気がします。そんな人はいくらでもいるし、一々そんな人を変えようとしていては人生が終わってしまいます。(言葉のセラピー)

これはよく言われることだよなぁ。他人を変えることはできないから、自分を変えようって。でも、そうカンタンにできたら苦労はしない。で、具体的にはどうすりゃいいんだ?と思いつつ読み進めてみる。

上から目線の人にイライラしない方法は、それまでに身に付けてきた思い込みを捨ててしまうことだと思うんです。

・他人に勝とうとする自分を捨てる

・他人よりも抜きんでることが良いことという思いこみを捨ててしまう

・年上とか年下という概念を捨ててしまう

(言葉のセラピー)

 確かに上から目線ってのは、自分自身が上とか下とかってのを意識してるから感じることなんだろうなぁ。ただ、ボクは勝たなくてもいいし、抜きん出なくてもいいと思っていて、蔑まれるのがイヤなだけだ。まぁ、年上とか年下とかってのは多少気にしてしまうほうかもしれない。

もし、相手が意図的にやっているとしたら、そんな相手への対処法は「付き合わない」「相手にしない」というのが一番です。仕事上のお付き合いなら必要最低限のお付き合いに留めることだと思うのです。(言葉のセラピー)

まぁ、けっきょく最後はこれなんだろうなぁ。でも、仕事上のつきあいだけに限ったとしても、その遂行に支障をきたすぐらい精神的ダメージを食らったら、ホントに困るわけで。 

 

いやー、やっぱり上から目線にイライラしないのはむずかしい。 

極めてまっとうな指摘の部分だけが聞こえてくる耳栓がほしいよ、ドラえもん。

サイレンシア レギュラー

サイレンシア レギュラー