いずれも。

あれもこれも、いずれも必然。

弱小ブロガーがはてなブックマーカーになると、はてなからの通知に踊らされる。

はてなブックマーカーに!!おれはなるっ!

最近、はてなブックマーカーになろうと思い始めている。

純粋にブックマーク目的なら、Pocketで十分。でも、はてなブックマークなら、ちょっとしたコメントを残せるし、それでブロガーの方に喜んでもらえたり、Twitterがブログの更新通知ばかりにならないのも助かるしねw

 

ただ、わざわざブックマークしようとする内容だから、コメントとして書きたいことが多くなりすぎる傾向があって、100文字でおさめるのがむずかしい。いろいろ表現を変えながら、なんとか100文字以内に短縮する、というのを繰り返してるから、やけに時間がかかる。適当に書いておいてあとでブログで言及すればいいんだけど、自分不器用ですから。

 

せっかくだから、はてなブックマーカーの心構えでも読んでおくか。

ヘルプトップ - はてなブックマークヘルプ

はてなとしては、コメント欄やタグは、情報の整理用のメモやエントリーに対する感想や論評の場として自由にお使いいただきたいと考えておりますが、侮蔑的あるいは攻撃的な表現を執拗に繰り返し他者の権利を侵害するような行為は容認しておりません。

なるほどー。結構「侮蔑的あるいは攻撃的な表現」は見かけるけど、執拗に繰り返してなければいいのか。(たぶんちがう)

はてなからの通知に踊らされる。 

ただ、ボクのような弱小ブログ書きにとってはちょっと悩ましいことがひとつある。それは、はてなからの通知機能「あなたへのお知らせ」に踊らされるということ。スターのお知らせがきた!と思って喜んで見たときに、それがブックマークに対してだとちょっとだけがっかりしてしまう。

 

いや、ブックマークでもうれしいけど、ブログのほうがうれしいっていうか(しどろもどろ)まぁ、アクセス数少ない当ブログでは、スターのひとつひとつが更新を続けるモチベーションになっているわけですよ。とは言いつつも、ブックマークのコメントのスターも「共感してもらえたんだなー」と思えてやっぱりうれしい。

 

えーと。なんだかはてなでよく語られる承認欲求の塊みたいなハナシになってきたからこれぐらいにしておこう。

 向上心がちょっとわいてきた。

自分がはてなブックマーカーになってみると「クリックしてコメントを書いて、長過ぎたら100文字以内に短縮して、Twitterで拡散して・・・」というような手間をかけるに値するエントリーを書かなきゃなぁって気持ちにはなるな。

まぁ、ブログを書く時間がなくなるほどブックマーカーに専念するわけにはいかないけど、ゆるゆるとやっていきたいなぁということで。

 

ちなみにこの記事を書いてる間にも、何度もはてなからのお知らせがきたけど、すべてこの記事につけたブックマークに対してだった。

男性は加点主義、女性は減点主義 (お店の評価も、異性の評価も)

うれしいけど、やっぱり複雑だーw

まぁ、こうやって自分の中でのはてなブロガーとはてなブックマーカーのせめぎ合いを楽しむのもおもしろいかもしれない。

 

それにしても、すっかりはてなに染まりつつあるな。

これを面白いな、と読んでる時点でもう引き返せない気がしている。


はてな村奇譚39 - orangestarの日記