いずれも。

あれもこれも、いずれも必然。

非日常に浸って自分にとってなにが1番大事か考えてみる。

いつもと違う月曜日の朝を満喫する。

f:id:koh0605:20141020102953j:plain

月曜日の朝は「さあ、これから1週間、仕事がんばろう」と気合を入れなきゃいけない。いつもならば。しかし、今ボクはモルディブにいてのんびりとくつろいでいる。時差の関係でまだ早朝だから眠っておいたほうがいいんだけど、なんだか眠れなくてブログを書いている。

 
こんなときこそ、自分の中の優先順位を見直すときじゃないだろうか?たくさんの自由を手に入れていて、同時にいくつかの制約も感じている。海外に滞在している今しか感じることのできない何かがあるはずだろう。

自分にとって仕事とはなんだ?

人生にとって仕事は1番大事か?を考えてみる。
ボクはもともと早朝から夜中まで、さらに休日も返上してがむしゃらに仕事をするタイプじゃない。というか、そういう時期が数年あったけど、身体も心もいい状態ではなくなって挫折してしまった。そんなことをここで思い返したくないから話を戻そう。仕事をがんばるからこそ、収入を得ることができて海外旅行に限らず、自分のやりたいことを求めることができる。これはまちがいない。
 
ただ、仕事というのは日常的には定時間内だけ働いたとしても、1日の3分の1を費やすものだし、通勤時間やほとんど定時では帰らないことを考えると、1日の半分以上を費やしているものだ。だから、油断していると、人生の中で仕事が1番大事だと思いこんでしまいがちだし、自分は1番大事なモノに1番時間を投下できていると思っていたい。で、いつのまにか仕事に日常が侵食され、いつの日か振り返って後悔したりする。まぁ、これはよくビジネス書に書かれる「成功」から遠い、凡人の負け犬の遠吠えなのかもしれない。
 
さすがに仕事はお金を手に入れるための手段でしかないとは思わない。仕事を通じて学ぶことは多いし、その中で人と協力しながら何かを成し得る経験は、かけがえのないものだ。でも、それよりも大事なモノのためにボクは仕事をがんばっている。

アメリカ人っぽいけど、家族が大事とか言ってみる。

今は2人だけど、いずれ増えて行くであろう家族みんなで笑ってすごせるように。いや、いつでも笑っていたら気持ち悪いから、笑ってない日があっても総じてシアワセでいられるように。あんまりファミリーを前面に押し出すと似非アメリカ人みたいだけど、まぁ、それが1番大事なんだからしょうがない。会社のデスクにやたら家族写真を飾ったりはしないけどね。
 
今後、たまにはこうして、非日常に浸って自分にとって何が1番大切か考えてみる時間をとりたいなぁ。意識していれば、いつもの週末にちょっとカフェに行くだけでもできることなんだろうけど、出かけるのがめんどうで、ついゴロゴロしてしまう。そんなとき、読み返して思い直せるようにこのエントリーを残しておこう。