いずれも。

あれもこれも、いずれも必然。

気になる数字をひたすら書くと、ほぼ日手帳が楽しくなってきた。

ふと思い立って、ほぼ日手帳に「気になる数字」を書きはじめた。そろそろいいかげんに来年の手帳を決めたいから、ほぼ日手帳を使い続けるのかどうか、最後にあがいてみようとか思いながら。

気になる数字① ブログのアクセス数

ブログを書いてると、やっぱり気になるアクセス数。別に手帳なんかにわざわざ書かなくたってWEB上で見れるじゃないかと誰もが言うだろう。でも、手帳に書きながら、しみじみと「をを!今日は10増えたなぁ」とか「ひぇ、50も減ったし!」とか思うのは、なかなか楽しい。

 

で、数字を書きとめて何か思ったことがあれば、その心のつぶやきも手帳にさらりと書いておく。ごく稀にホッテントリ入りしたりすると、心のつぶやきとして書きたいことがたくさん出てきて、それだけで手帳の空白がなくなることも。

気になる数字② Todoistのカルマ

ボクが使っているタスク管理ツール Todoistにはカルマというシステムがある。これはTodoistを使いこめば徐々に値が増えていくしくみで、今のところボクは「プロフェッショナル」だ。達人への道は相当険しいけどがんばる。

 

このカルマを書きとめて何がうれしいかというと、昨日とまったく同じ数字を書いてしまうときは、Todoistを全然使えてないということなので、タスク管理が破綻してしまうことに歯止めがかかるのだ。まだ「やるべきことがてきぱき片付きまくる」という実感はないけど、徐々にストレスフリーに近づいてる気はする。

 

これも、数字をかきとめていて、何か感じたことは手帳に書き綴る。もうちょっとうまくTodoistを使ってくためには、どうすりゃいいだろう?どーのこーの的な。

f:id:koh0605:20141121231801p:plain

気になる数字③ GoogleAdSenseの収益

最後にずいぶん下世話な話になるのだけれど、興味本位でやってるGoogleAdSenseの収益も気になる数字のひとつだ。まぁ、たまにうまい棒が買える日もあるな、というぐらいの収益しかないわけだけれど、これはけっこう増えたり減ったりするので書いていて面白い。「をを!1日の最高記録更新!」とかね。

自分が気になる数字を見つける。

こんな感じで「気になる数字」を毎日書きとめることで、空白続きの手帳ライフからは脱しつつある。空白でなければよい、というわけではなくて、手帳を書くのが楽しくなければ意味がないけど、ライフログヲタなボクの場合、気になる数字をひたすら毎日書きとめるのは、誰になんと言われようと楽しいことなのだ。たぶん、手帳にこだわる人ってそういう気質の人、多いんじゃないかなぁ。

 

ダイエットしてる人なら「体重」「カロリー」「歩数」とかだろうし、節約してる人なら「支出」「缶コーヒーの本数」とかだろうし、ナンパに燃えてる人なら「声をかけた女子の数」とかかもしれない。

 

とにかく、気になる数字を見つけて毎日書きとめてみると、何かを感じるハズだから、そこから手帳に書きたいことが見つかるかもよ?というお話でした。あ、手帳だけでなく、ブログに書くネタが見つかることもあるかもしれないな。 

人生は1冊のノートにまとめなさい―体験を自分化する「100円ノート」ライフログ

人生は1冊のノートにまとめなさい―体験を自分化する「100円ノート」ライフログ