読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いずれも。

あれもこれも、いずれも必然。

11月が終わるまえに自分の好きなブログを思う存分語ってみる。

はてなのキャンペーンに便乗して自分がスキなブログを紹介したかったけど、何がスキなのかちゃんと紹介したい!とか考えてたら間に合わなかったので「11月と言えば自分の好きなブログを告白する月」といういろんなブロガーさんの間で行われてる企画にのっかってみることにする。


11月と言えば自分の好きなブログを告白する月*ホームページを作る人のネタ帳

好きなブログ① かみんぐあうとっ


かみんぐあうとっ

ボクはかなり移り気なので自分の中での流行り廃りが激しい。だから、そのときどきに読みたいブログもめまぐるしく変わっていく。でも、そんな中ずっと長年にわたって読み続けているのがこの「かみんぐあうとっ」だ。一時期、すべてのブログを読むことをやめてしまった時期があって、また読み始めようとしたとき、記憶の中にあってまっさきにタイトルでGoogle検索したのがこのブログだった。

 

何がそんなに自分を惹きつけるのかというと、「共感」と「素直な文体」だと思っている。こもこ (id:komoko-i)さんは考えたことを回りくどくない、わかりやすい言葉で伝えてくれる方で、その内容もボクとしては共感できることもとても多い。


嫌いな人がいないということ。「好き」を増やしていくということ。 - かみんぐあうとっ

「好き」をどんどん増やしていくほうが楽しいし、もっともっと「好き」を増やしていいんだと思います。あれも好き、これも好き。好きな人がいて、好きな作家さんがいて、好きなアーティストがいて、好きな音楽があって、好きな文章があって、好きなブログがあって、好きな食べ物があって、好きな季節があって、好きな空があって、好きな風景があって、好きな時間があって、好きなものに囲まれて、しあわせだなって思います。これからも「好き」を増やしながら毎日をすごしていきたい、そんな風に思います。(かみんぐあうとっ)

ボクは「嫌い」を延々と語る人が苦手だ。そりゃあ酒呑んで嫌いなヤツの話をして盛り上がるときもある。でも、やっぱり「嫌い」を語るより「好き」を語る時間のほうが多い人生がいいな。 

好きなブログ② 犬だって言いたいことがあるのだ。


犬だって言いたいことがあるのだ。

ボクははっきりいって、いぬじん (id:inujin)さんのファンである。ボクがはてなブログを続けようと思ったのも、一旦離れても戻ってこようと思ったのも、その存在があったからと言っても過言ではないかもしれない。いぬじんさん的にはおっさんにファンだと表明されても苦笑いだと思うので、すみませんとココで謝っておくことにする。

 

では何にそんなに惹かれるのかというと「言いたいことの軸がブレない」「冗談成分の絶妙さ」だと思っている。定形的にまず、言いたいことがズバッと書いてあって、いろんなエピソードや思いを独特の冗談成分を含めながら綴って、最後にはなんとも哲学的なひとことで締めくくられるというのがお約束だ。ボクだったら、最後の締めの言葉をどうするかで延々と悩んでしまいそうで、とても真似できそうにない。


強くなるには、どうすればいい。 - 犬だって言いたいことがあるのだ。

自分の弱さを認めている時にだけ、僕らは未来に対して、知恵を使うことができる。

(犬だって言いたいことがあるのだ。)

く〜!やっぱりかっこいいわ。どうがんばっても、自分の中からは出てこない考え方だな。ボクなら、弱さを認めたら、そこからは強くなりたいという単純思考に陥るのみだろう。そうきたか!という驚きを提供しながらも、押し付けがましくないこの佇まいは是非身につけたいところだけど、猿真似できるようなことじゃないもんな。

 

ホントはもう1つは紹介したいところなんだけど、なかなかこの2つのブログと同じぐらいの熱量では書けないので、残念ながら2つにとどめておく。こうして書いてみるとわかるけど、ボクは強烈な個性を持つブログというよりも、穏やかに主張するブログがスキなんだなぁと改めて思う。

 

このブログもそういうブログに育てていけたらいいなぁ。