読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いずれも。

あれもこれも、いずれも必然。

ダイエット中ならごめんなさい!超個人的なスナック菓子ベスト10を晒してみる。

スナック菓子がスキすぎてヤバかった。

ボクは以前、今より10キロ以上も太っていた時期があった。そのころは夜中に牛丼食ったりするようなめちゃくちゃな食生活で、それに加えてとにかくスナック菓子を食べまくっていた。そりゃ太るわ。でもなー。夜中の2時やら3時まで仕事してたら、腹も減るし眠気ざましにスナック菓子を常備せずにはいられなかったわけで。コンビニで新しいスナック菓子を見つけたら必ず買うぐらいの勢いだったなぁ。

今はさすがにそんな状態ではないから、ずいぶんスナック菓子と戯れることも少なくなったけど、それでもスキなのは変わってない。ただ、自分の意思で選びとることはできなくなっていて、近所のスーパーで安売りされているものを買ってくるのがささやかな楽しみだ。せちがらい世の中になったもんだぜ。

ということで、唐突にそんなスナック菓子を愛してやまないボクの超個人的なスナック菓子ベスト10を発表してみることにする。この誰にも役に立つことなどあり得ない無用の長物感、最高だな。

超個人的スナック菓子ベスト10はこんな感じ。

10位 森永 プリングルズ サワークリーム&オニオン

まずは高くてなかなか買えないプリングルズ。めっちゃ味が濃くてすぐ飽きるんだけど、飽きてもサルのように食べ続けてしまう。容器に手を突っ込んで手が抜けなくなることを今まで何回繰り返しただろう。恐ろしいことに、これをすべて食べつくしたら500キロカロリーを超えるらしい。てりやきマックバーガーを凌駕するカロリーに戦慄する。

9位 湖池屋 ポテトチップス ガーリック

このガーリックはヤバい。口に入れたらほのかに広がる香ばしい香りがたまらない。しかし、次の日、人に会う予定があるときはぐっと我慢しなければならない。金曜日の夜、缶ビール片手にこのポテトチップス ガーリックをたしなむのがよろしいんじゃないでしょーか。

8位 ユーハ おさつどきっ 塩バター味

ユーハ おさつどきっ 塩バター味 65g×10袋

ユーハ おさつどきっ 塩バター味 65g×10袋

プレーンでもいいんだけど、自分の中で僅差で塩バター味が競り勝った。おさつどきっはふんわり甘くて、バリバリ食べるしっかりした食感が魅力。同じくさつまいものスナックでカルビーのおさつスナックってのもあるけど、食感があまりにも心地いいおさつどきっのほうがボクはお気に入り。

7位 湖池屋 カラムーチョチップスホットチリ

湖池屋 カラムーチョチップスホットチリ 60G 1袋

湖池屋 カラムーチョチップスホットチリ 60G 1袋

やっとカラいのきた。新しいカラそうなスナック菓子を見つけたら、チャレンジ精神でつい買ってしまうけど、やっぱり王道のカラムーチョが一番かな。水分をとらずにどれだけカラさに耐えて食べ続けられるか?的な意味不明な修行をするのが、楽しいカラムーチョとのつきあい方である。

6位 カルビー ポテトチップスしあわせバター

カルビー ポテトチップスしあわせバター 58g×12袋

カルビー ポテトチップスしあわせバター 58g×12袋

またバターきたよ。このしあわせバターとの出会いは衝撃的だったなー。「なにがしあわせだよ、わけわかんねえ」とか思いながらも買ってみたら、ホントにしあわせの味だったもんな。あの絶妙な甘さを生み出した人は天才すぎる。あまじょっぱいは正義だろ。

5位 夏目製菓 黒樹

夏目製菓 黒樹 110g×20袋

夏目製菓 黒樹 110g×20袋

急にめっちゃしぶいのきたよ。いや、別に黒樹じゃなくてもいいんだけど、名前がインパクトあったからさ。ボクはどうにも定期的にかりんとうを摂取しないと死んでしまう種類の人間らしい。なんとも表現しづらい独特の甘さ、ほろほろとした食感にボクは魅了され続けている。今まであまり共感を得られたことはない。

4位 カルビー 堅あげポテトブラックペッパー

カルビー 堅あげポテトブラックペッパー 65g×12袋

カルビー 堅あげポテトブラックペッパー 65g×12袋

最近だんだん勢力を広げてきてるこの堅あげポテトはもう食感がすべて!19世紀半ばのアメリカ製法を受け継いだらしいけど、あのほどよい固さは奇跡としかいいようがない。北海道バターしょうゆ、にんにくしょうゆも超うまいけど、やっぱり一押しはブラックペッパーかな。

3位 カルビー ピザポテト

カルビー ピザポテト 63g×12袋

カルビー ピザポテト 63g×12袋

もうベスト3とかになると、ほとんど自分の中で差がない。この記事を明日書いたらピザポテトが1位になってるかもしれない、それぐらいの差だ。メルトフレーク製法でとろりとトッピングされたチーズ、あのギザギザカットがいざなうピザポテトワールドがたまらない。ピザポテトを天ぷらにしたら、もっとヤバいこといなるらしい。マジすか。

ima.goo.ne.jp

2位 東ハト キャラメルコーン

東ハト キャラメルコーン 91g×12袋

東ハト キャラメルコーン 91g×12袋

キャラメルコーンのやさしい甘さとは、もうボクがテレビをテビレとしか言えなかったころからのつきあいだから、なんかもう別格なんだろうな。そして、なんだか口に中が甘ったるくなってきたときに登場するピーナッツ。これ考えた人すげえな。もともとはキャラメルコーンが湿気に負けないよう、乾燥剤の役割でピーナッツを入れるようにしたらしい。ちなみにローストアーモンド味も超うまいけど、ピーナッツは入ってないんだよなー。

1位 カルビー じゃがりこ じゃがバター

カルビー じゃがりこ じゃがバター 58g×12個

カルビー じゃがりこ じゃがバター 58g×12個

じゃがりこはずるい。あのサイズであの食感、そして中毒性ありすぎる味。いつもだいたい一瞬で食べきってしまう。なんとなくバター好きだからじゃがバターを選んだけど、はっきりいってサラダだろうがチーズだろうが、なんだってうまいもんはうまい。うちの奥さんも大スキで、だいたいボクが帰りが遅くなると、空になったじゃがりこのカップがテーブルに置いてある。なにかしながら食べるのも食べやすいしなー。ホントにじゃがりこはずるい。そうそう。地域の味が楽しめるセットもあったりして、これはなかなかオススメですぜ。

さすがにスナック菓子についてこんなにバカみたいに語ったのははじめてだな。よくこんなに書いたもんだ。とりあえず、ダイエット中の人がいたらホントにごめんなさいというしかないな、これは。