読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いずれも。

あれもこれも、いずれも必然。

人生初の万年筆に、書きたくて書きたくて震える。

気になったこと ほぼ日手帳

頂いた万年筆をセットしてみる。

このまえ奈良観光に行ったときに、サプライズな誕生日プレゼントとして万年筆を頂いたので、これから人生初の万年筆を試してみることにする。

www.izuremo.com

f:id:koh0605:20150705171220j:plain

ずいぶんポップな感じのケースに入ってる。写真ではカートリッジインクで隠れて見えないけど「きっと書くのが楽しくなる。」とかメッセージが添えられているのを見ると、きっと万年筆の入門用なんだろう。今まで1度も万年筆を使ったことがないボクのような人には、よさそうな気配がする。

中を開けてみると、「さぁ、カクノを使ってみよう」と書かれたわかりやすい説明書が出てきた。全然関係ないけど、カクノさんっていたらニックネームは万年筆に確定だな。「おい!万年筆」とか嫌すぎる。

インクカートリッジを書かれてるとおりにまっすぐ差し込んでみる。「インクが出るまで少し待とう」ってどれぐらい待てばいいんだーっ!こういうのってどうもうろたえてしまう。クックパッドとかでも「しばらくしたら」とか「少々」とか書かれてたらうろたえてしまうのだよ。

f:id:koh0605:20150705172005j:plain

そんなにうろたえなくても、ほんのちょっと待てばみるみるインクが染みてきた。それにしても、このペン先かわいすぎる。にこにこしてやがるぜ。

f:id:koh0605:20150705171433j:plain

キャップをしめてみるとこんな感じ。薄いパープルがいいな。ちょっと体温計みたいにも見える。

はじめて万年筆で文字を書いてみた!

f:id:koh0605:20150705172229j:plain

はじめて万年筆で文字をかいてみた。なんだこのなめらかなかきあじはっ!思わず漢字がでてこなくなるぐらいの衝撃があるな。ボクが愛用してるジェットストリームのボールペンはかなりなめらかな書き心地が気に入ってるんだけど、万年筆の書き心地は別次元だ。

たしかに「書くのがたのしくなる」感覚はあるなぁ。手書きのよさにこだわってほぼ日手帳を使い続けてるボクにとって、万年筆ってなかなか粋なプレゼントだ。書くことに新しい世界が見えてたのしい。慣れないからちょっと手が震えるけど。ありがたく使わせてもらおうっと!

そして、この記事を公開したら、万年筆をプレゼントして下さった方から、Twitterでこんな粋なリプライをもらってしまった!せっかくなので記事とセットで残しておこう。こういうのって、たのしくてうれしいなー!