読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いずれも。

あれもこれも、いずれも必然。

おそ松さんのわけのわからない勢いにやられて、アニメで久々に声出して笑ってしまった。

マンガ・アニメ マンガ・アニメ-おそ松さん

久々にアニメでめっちゃ笑った。

いやー、予想外に笑った。アニメで声出して笑ったの久しぶりかも。不条理ギャグが大好物なボクにとって「おそ松さん」はごちそうだった。めちゃくちゃパロディ入ってるけど、許可とるの大変だったんじゃなかろうか。許可得られなさそうなモノも混じってたけど、大丈夫なんだろうか?ボクは元ネタがわからないモノもあったんだけど、知ってる人はきっともっと楽しめるはず。

いきなり白黒ではじまって、自分たちのアニメが復活するというメタ発言が展開されたかと思うと、急に画面が切り替わってもうなんのアニメを見ているのかわからない状態に。1話目からこんだけとばして2話目以降どうするつもりだろう。

この裏切りは作戦としては成功だろう。

ネットでの感想を見ていると「これをおそ松でやる意味がわからない」という否定的な意見も多いけれど、まぁたしかにそうかもしれない。あそこまで吹っ切ったら、ベースが何であったとしても影響がないもんな。でも、「おそ松くんが復活する」と聞いて誰もがイメージしたモノを間違いなく裏切って見せて、それで結果として話題になって目を向けさせたわけだから作戦としては成功だろう。

何をどうやったって誰もが賞賛するものなんてできっこないわけだし、できるだけ叩かれないように無難なものを作ろうとしてたら、突き抜けたモノは創れない。まぁ、叩かれたら辞めてしまうような豆腐メンタルで、ブログに無難なことばかり書き綴っているボクがえらそうに言えることじゃないけれど。あ、でも故人の死を弄るのはどうなんだろう?まぁ、赤塚先生なら許してくれそうな気はするかな。ボクとしてはちょっとギリギリかなぁ。

だからおもしろいイケメンはズルい。

それにしてもいかにもギャグです、という画風より、それとはかけ離れた画風のほうがやれることの幅が広かったり、意外性があったりしてやっぱり面白いな。だから、おもしろいイケメンはズルい。下ネタを連発する福山雅治もズルすぎると嫉妬してしまうわけですよ。なんだそりゃ。

ただただ、何も考えずに笑って見ていればいいモノをネタに何か書こうとするのは難しいな。Twitterで「なにこれ、くそおもろい」とかひとことで片づけておけばいいものをだらだらと書き綴ってしまうのが、ボクの悪いクセだ。今のところGYAO!で無料でさくっと見れるので、気になる方はどうぞ。

http://gyao.yahoo.co.jp/player/00173/v12110/v1000000000000003172/?auto=1&rep=2gyao.yahoo.co.jp

おそ松さん 第一松 [DVD]

おそ松さん 第一松 [DVD]