いずれも。

あれもこれも、いずれも必然。

「ブログ収益化ゲーム」を楽しんでるだけの人もいるのかもしれない。

はっきりいってお金はほしい。

はっきりいってボクはお金はほしい。もらえるもんなら、どんだけでもほしい。お金では買えない幸せがあるのは知ってるけど、お金がないと手に入らない幸せもたしかにある。ボクは遠距離恋愛を経て結婚したけれど、交通費や通信費を払えない状況に陥ったりしてたなら、今の暮らしには辿り着かなかっただろう。

そんなふうに思っていたって、このブログでは儲けることに必死になったりしてないし、いくら儲かったとかいうお金の話はほとんどしていない。その理由は単純で、それが楽しいと思えないからだ。自分が書くのも楽しくないし、読んでも楽しそうな気がしない。ただ、それだけかな。

ブログの収益化ゲームを楽しんでるのかも?

f:id:koh0605:20151103124809j:plain

hase0831.hatenablog.jp

そういう数値の発表をする人たちにとって、もしかしたら「文章を書くこと」の方が手段であって、目的は「ネットの何かでごはんを食べること」「企業に属さず生きていくこと」かもしれない。(インターネットの備忘録)

はせ おやさい (id:hase0831)さんはブログで収益を語る人たちについてこう捉えていて、まぁ、そうかもしれないなと思ったんだけれど、我が身に置き換えてみると、ちょっと思うところがあったので書いてみる。

「食べる」とか「生きる」とかそんな大げさなことを考えてない人もいっぱいいるんじゃないだろうか。もっと軽くブログの収益化というゲームを楽しんでる人たちもいるんじゃないかなぁ。攻略法を紹介してるブログがいっぱいあって、それを読んで試してクリアをめざす。そのいきさつをゲーム日記として公開してるだけの人たちも少なからずいるような気がする。

ボクはめちゃめちゃゲーマーってわけじゃないけど、そこそこスキなほうだから、そういう気持ちはちょっとわかる。実際に攻略法試してみてPVがほんのちょっと増えておおー!って思ったことは何度かあるしね。ただ、ボクはブログをゲームだとは思ってないから、そういうのを積極的に書こうと思わないだけだ。むむ。収益化できない負け犬の遠吠えみたいに見えそう。

ひたすら楽しんで書いていく。

お金はほしいけど、そのためにはブログじゃなくて仕事をがんばる。ブログは儲かるかどうかとか勝つか負けるかとかじゃなく、ひたすら楽しんで書いていきたい。そうこうしながら、たまに誰かの心にひっかかるものが書けたらうれしいし、ちょっと奥さんと美味しいモノを食べにいけるぐらいの収益があれば、そりゃあもちろん素直にうれしい。

ちょっと収益化を語るブログについて肯定的なことを書いてみたけど、あんまりそんな話ばかりが目につくようになってしまったら、まぁ、うっとおしくてしょうがないかな。でも、攻略法どおりにやれば誰でも収益が出るわけじゃないというのが解ってきたら、そんなブームは沈静化していく気がする。

まぁ、これからもちょっと羨ましいなと思いながら、軽やかにスルーしていこう。