いずれも。

あれもこれも、いずれも必然。

感情の起伏が激しい上司より、感情が見えない上司のほうが仕事はやりやすいけど何か足りない。

部長のキャラクターが掴めない。

f:id:koh0605:20151112231320j:plain

著作者 : Mattia Notari

きっかけがなんだったのかは忘れたけど、ふと同じチームのメンバーが「部長は何を考えているのか、よくわからない」と言い出した。なんか不満でもあるのかなと問い返してみると、どうもそういうことじゃなく、キャラクターが掴めないということらしい。

詳しく聴いてみると、とにかく感情が見えなくて、何を考えているのかわからないとのこと。彼女はチームの中でも部長と一番たくさん話してるから、そんなことはないだろう、と思ったものの話してるうちにあぁ、たしかに、と思い直した。そういえば、部長が感情をあらわにしてるシーンを見たことがないな。

ボクはしょっちゅう不満をたらたら垂れ流すタイプじゃないけれど、たまに愚痴りたいときもある。「アノ人のあぁいう仕事のやり方がどうにも許せないんですよ」とか「あんな言い方はないと思うんですよね」みたいなことをいうことだって、たまにはある。そんなとき部長はほぼノーリアクションだ。たぶん「そうか」ぐらいしか言ってないはず。どう思ってるのか全然わからないけど、こういうトークはスキではなさそうだな、と思っていつのまにか部長にそういう話はしなくなった。

プレゼントはせめて開けたほうがいいよ。

いっしょに仕事をしてると、仕事の話だけじゃなく世間話をすることもある。部長もいろいろとプライベートの話をして下さるのだけど、振り返ってみると部長の話し方は、できごとの羅列状態だな、ということに気がついた。学校行事とかにも積極的に参加する人なんだけど、役員になったとか、運動会に参加したとかできごとは話すものの、それでどう感じたのかは一切話さないもんな。

そういえば、こんなことがあった。課長から部長に昇進されたときにメンバー全員でお金を出し合ってプレゼントを贈ったんだけど、そういうのってだいたいその場で中身を披露して盛り上がったりするじゃないすか。でも、部長は紙袋を横に置いて生真面目に何かコメントしただけだった。その後、他のメンバーが「プレゼント、どうでした?」みたいなことを聴いたんだけど、部長はあっさりと「まだ開けてない」と答えていて、さすがに耳を疑った。えー、そりゃないよー。

人間臭いやりとりもしたいなぁ。

評価のための面談をしてみても、具体的な仕事の話はするものの、仕事に対する取り組み姿勢とかもう少し踏み込んだ感情論とかを話すことはまったくない。いわゆる言葉かけというか、人生の先輩としてのアドバイスみたいなことは本当に語らない人だ。まぁ、説教くさくならないからいいんだけど、なんだか物足りない感じがする。気分次第で怒鳴られたりするほうがイヤだけど、なんだかなー。

それにしても、上司ってのは大変だな。感情を見せれば、気分にムラがあってつきあいきれないと言われ、感情を見せなかったら、何を考えてるのかわからないと言われる。ただ、やっぱり個人的にはもう少し人間臭さを感じられるやりとりがあったほうがうれしいかなぁ。無茶な指示を出されたりしても「この人の言うことだから、いっちょがんばってみるか!」とかそういうノリが結構スキだから。

まー、こりゃぜいたくな要求だな。今まで無責任な人、理不尽な人な人をさんざん見てきたじゃないか。そう考えたら、今の上司はマトモすぎるぐらいだろう。人にムリな期待をするんじゃなく、自分でやれることをしっかりやっていこう。