いずれも。

あれもこれも、いずれも必然。

会社に行けなくなったら、どうすればいい?

f:id:koh0605:20151118220527j:plain

著作者: pasotraspaso

月曜日、彼女は会社を休んだ。朝の時点では上司から、昼から出社の予定だと聞いていたけど、けっきょく出社しなかった。理由は聞いてないからわからないけど、イヤな予感しかしない。

火曜日、定刻になっても彼女は会社に来なかった。上司に確認すると、何も連絡はないとのこと。これは明らかにおかしい。上司が連絡すると、9時半には出社すると返信があったらしい。

しばらくして、彼女が会社に姿を現した。明らかに生気を失った顔で静かに席に着く。おはようと言葉は交わしたけれど、どうにも話かけづらいオーラが漂っていて何をどう話していいのか、戸惑ってしまった。それから、彼女は頻繁に席を外していたし、いつもは席に着いて昼ごはんを食べているのに、どこかへ行ってしまった。たぶん、1人になりたいんだろう。

思い当たることがある。先週の金曜日。上司と彼女は別室でミーティングをしていた。その最中、上司から呼ばれてボクは途中から参加したんだけれど、明らかに険悪なムードが漂っていてちょっとうろたえた。正直、えらいところに呼ばれてしまったなと思った。

上司が何かをまくし立てていて彼女が悲痛な表情で受け答えしているように見えた。どうにも会話がかみ合っておらず、上司が持論を展開しているのだけれど、彼女はどうにも納得できずにいるようだった。ボクが多少フォローしようとも効果はなく、険悪なムードは解消されないまま、打ち合わせは終了した。

彼女は明らかにわかるくらい目に涙をいっぱい浮かべていた。上司はどうやら気づいてなさそうだ。話を聞いてみると、前の打ち合わせで上司が指示したとおりに資料を仕上げたのに、その指示内容をすっかり忘れていて「なんでそんなふうにしたの?」と説明を求めたり、また1からやり直しになるようなことを言ってきたりすることが多すぎて、理不尽さに耐えられなかったらしい。

ボクはどうしてもじっくり会話してる時間がなかったから、他の人にお願いして彼女と対話をしてもらったところ、やっぱり彼女が会社に出てこれなくなった原因は金曜日の打ち合わせにあって、以前から積もり積もっていたものもあるから、上司といっしょに仕事を続けていく自信をすっかり失ってしまったらしい。

1人で抱えていたものを吐き出して、少しはツラさがやわらいだように見えたらしいけど、その程度のことで会社にこれなくなるような状態が解消できるだろうか。

水曜日、やはり彼女は会社に来なかった。もしかしたら来ないかもしれないと思っていたけど、昼過ぎに彼女はなんとか出社してきた。昨日のうちに彼女がなぜ、会社に来れないような状態に陥っているのかを上司に伝えておいたから、今日は別室で少し2人で対話してたみたい。

なんだ、そんなことぐらいで、とはボクは思わない。人によって何をどの程度ツラいと感じるかは違うから、自分の尺度ではかることはできない。ただ、そんなに脆くて繊細で、この先どうやって生きていくんだろうと心配になる。心配にはなるけど、人生を並走するような関係じゃないし、ボクができるのは仕事の上でのサポートと、そこからほんの少し踏み込んだケアだけだ。

根本的に自己肯定感が欠落していているから、人に強く言われると思うように反論できずにストレスが蓄積していって、耐えきれないほどツラくなるということを繰り返してるように見える。そんな負のループを抜け出すには、自分でどうにかしてきっかけをつかむしかないもんな。どんなに気にかけていたって、ボクにできることはほんのわずかだろう。

木曜日、彼女は会社に来れるだろうか。