いずれも。

あれもこれも、いずれも必然。

【偏愛マップ】ショッピングモールで、ついこの人たちが一斉にゾンビ化したら?と妄想してしまうぐらいのゾンビ愛を存分に語ってみる。

けっきょく今のところ全然書き上げられずにいる偏愛マップが2015年の心残りになってしまいそうなので、これから年末まで偏愛してるものを書きまくって滑り込みセーフを狙ってみることにする。はっきりいってブログに書くことに詰まるようなことはたいしてスキじゃないハズだから、書きはじめたら、あっさりと2000文字とか超えていくだろう。たぶん。

2年前と変わらない偏愛ぶりを確認した。

ボクが偏愛してるモノとして最初に浮かぶのはやっぱりゾンビだろう。ショッピングモールに行ったら、思わず「ここにいる人たちが一斉にゾンビ化したらどうなるだろう?」とか妄想してしまうぐらいのゾンビ好きだもんな。まぁ、ちょっと頭がおかしい。

www.izuremo.com

ボクはゾンビのグロテスクな造形に魅力を感じてるわけじゃなく、その存在によってもたらされる秩序の崩壊とか人々の葛藤といったドラマに惹かれているわけだ。

ちょうど2年前ぐらいにもゾンビについてやたら熱く語ってるけど、今も思ってることは何も変わらない。全然変わらなくて成長がなくてほほえましい。言い換えれば、それだけ安定してゾンビに偏愛し続けてるということか!

バイオハザードをはずすわけにはいかない。

恐怖感が薄らいでしまってどんどん戦争ゲームっぽくなってるバイオハザードだけど、やっぱりゾンビマニアとして無視するわけにはいかない。昨今のゾンビブームの火付け役とも言えるゲームだろうし。ちなみにボクが1番スキなキャラはレオン。どんな極限状態にあっても、ブレない優しさとアメリカンジョーク。バイオハザード6でも、レオン編が1番スキだしな。

ちなみに映画版のバイオハザードはまったくの別モノだけど、ボクは全作品見てるし、何作かは映画館まで足を運んで見てる。残念なことにゾンビ映画とは言い難い内容だけど、ミラ・ジョボビッチの美麗アクションを見るための映画だと思えば楽しめるでしょ。

バイオハザード ダムネーション [DVD]

バイオハザード ダムネーション [DVD]

ボクは走るゾンビ肯定派だ。

ゾンビ映画といえばなんだろう。ボクはゾンビが出ていればとりあえず見るぐらいの勢いで見てるから、あんまり強いこだわりはないんだけど、今も特に印象に残ってる作品を3つぐらい挙げるとすれば「28日後...」「ドーン・オブ・ザ・デッド」「REC」かな。どれもゾンビが猛ダッシュする作品だから、ゾンビ映画の巨匠ジョージ・A・ロメロに怒られそうだ。

この3本は久々にもう1回見てちゃんとレビュー記事を書いてみたい。

28日後... 1&2 ブルーレイパック(2枚組)(期間限定出荷) [Blu-ray]

28日後... 1&2 ブルーレイパック(2枚組)(期間限定出荷) [Blu-ray]

REC/レック [Blu-ray]

REC/レック [Blu-ray]

期待に応えてくれるウォーキング・デッド。

ウォーキング・デッドほどボクの欲求を満たしてくれる作品はない。これほどまでにお金と時間を費やしてじっくり見せてくれるゾンビ作品は他にないもんね。ボクが気になる崩壊した世界での人間の美しさと醜さとかイヤになるぐらい見せつけてくれるし。そっちに偏重しすぎて、ゾンビが完全に添え物になってしまう展開もあるけど、それはそれで異常で狂ってていいかなと。

スキなキャラを選ぼうとして、ちょっと迷ってダリルにした。1番安定感があって信頼できるのがダリルかな。原作にはいないと聞いて、じゃあ原作は大幅に展開も違うのかと気になるけど、あんなに大判のコミックを何冊も置いておく場所に困りそうだからなぁ。専用の本棚を買うかどうかでゾンビ愛を試されそうだ。

ウォーキング・デッド

ウォーキング・デッド

異様さがたまらんアイアムアヒーロー。

なかなかウォーキング・デッドの原作には容易に手が出ないけど、ゾンビ漫画としてまっさきに思い浮かぶのは、やっぱりアイアムアヒーローじゃないだろうか。まぁ、異論は認めるけれども。

花沢健吾さんがちょっとズレた異様なモノを描くのにかなり長けた人だから、ホントにZQNと呼ばれるゾンビたちが目を背けたくなるほど気持ち悪い。最新刊のAmazonレビューを見たらかなり酷評されてるけど、なんとか息切れせずに描ききってほしい。それにしても、映画版にはどんな結末が用意されるんだろうな。

そうそう。漫画といえばもうひとつ。がっこうぐらしは今ようやく読んでいるところ。全部読み終えたらたぶん何か書かずにいられないだろう。絵柄があまり得意なタイプではないけど、そんなことは気にならなくなるぐらい面白い。

アイアムアヒーロー(18) (ビッグコミックス)

アイアムアヒーロー(18) (ビッグコミックス)

つい買ってしまうボードゲームたち。

あとはボードゲームについても語らないわけにいかない。「逃げゾンビ」とか「デッド・オブ・ウィンター」とかほぼタイトル見ただけで気になって買っちゃったからなぁ。準備も片付けもめんどくさいし、1人でやってもあんまりおもしろくない。そんなものにさっとお金を出して買ってしまうんだから困ったもんだ。

とりあえず、早いとこ「デッド・オブ・ウィンター」のルールを覚えて奥さんと2人で遊んでみなければ!

逃げゾンビ 完全日本語版

逃げゾンビ 完全日本語版

デッド・オブ・ウィンター 完全日本語版

デッド・オブ・ウィンター 完全日本語版

いやー、予想どおりとっちらかって収集がつかなくなった。2000字を軽く超えたけど、まだまだ書けそうだ。偏愛っておそろしい。あ、USJのことを書くの忘れちまった。まぁ前に十分書いたからいいか。

www.izuremo.com