読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いずれも。

あれもこれも、いずれも必然。

人に読んでほしいんだから、ちょっとぐらいは文章術を学んでみるか。#七ブ侍

書評・読書・Kindle 書評・読書・Kindle-文章術

そうだ!文章術を学んでみよう。

出口汪の「最強! 」の書く技術

出口汪の「最強! 」の書く技術

そうだ!文章術を学ぼう!と急に思い立った。ブログの文章なんて文法的な正しさより何を書くかだろ?とは思ってるけど、やっぱり人に文章を読んでもらおうとするからには、少しは読みやすく書く努力をすべきだろう。決して「何を書くか」で勝負できないから苦し紛れに「じゃあ、読みやすさを追求するか」とごまかそうとしてるわけじゃない。いやホントだって。

文章を書くためには、絶対に知っておかなければならないルールがいくつかあるんだ。それを知らずに、どんなに頑張って練習しても、人に伝わる文章は書けるようにならないんだ。(出口汪の「最強!」の書く技術)

「絶対に知っておかなければならないルール」なんかまったく知らないまま、2年以上もブログを書いてきたボクは、今まで400記事以上も人に伝わらない文章を書き散らかしてきてしまったんだろうか。「コイツの文章は何が言いたいのかさっぱりわかんねーな。あー、もうめんどくせー。とりあえずはてなスターつけとこ」とか思われてたらどうしよう。まぁ別にいいけど。いや、いいのか?

そもそもブログ向いてないかも。

メールでも、ブログでも、いつ誰に読まれてもいいように、「論理」を意識して文章を書くことが何よりも大切なんだ。(出口汪の「最強!」の書く技術)

いつ誰に読まれてもいいようにというのは、結構意識しながら書いてるつもり。ほぼ日手帳に書きなぐってることをそのままブログには書けないもんね。でも、「論理」を意識して書いたことなんかないな。

「私はこう思う。なぜなら、あーでこーで、こーだからだ!」というような書き方が論理を意識した文章なんだろうけど、はっきりいってめちゃくちゃ苦手だ。ボクはかもしれないと主張をぼかすことが多いし、なぜそうなのかを説明するのもめんどくさがってしまう。

それって全然ブログ向いてないやん!文章術を学ぶ以前の問題のような気がしてきた。いやいや、せっかく思い立ったんだから、もうちょとがんばってみようよ。まだまだボクの戦いははじまったばかりだ!

リレーブログ企画 七人のブログ侍のこと。

f:id:koh0605:20151122221033j:plain

このエントリーは実はリレーブログ企画「七人のブログ侍」向けに書いたモノだったりする。しばらく文章術をテーマに書いてみようと思ったものの、既に雲行きが怪しくなってきた。さて、明日金曜日担当は「ガジェとろ」の「アリマックス」さんだ。ぜひ、読みに行ってみて下さいまし。