読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いずれも。

あれもこれも、いずれも必然。

「物書きとビジネスパーソンの知的生産 in 奈良」を経てブログ再生を誓ってみる。

ライフハック ライフハック-セミナー・勉強会

忙しすぎてセミナー参加を迷う。

f:id:koh0605:20160331225312j:plain

rashita.net

この告知を見たときは「おぉ!」とパソコンの前で声を上げてしまった。いや、最初に見たのはスマホだったかも?まぁ、そんなことはどうでもいい。とにかく奈良でライフハック系のセミナーが開催されるのはめずらしい。しかも、書籍やらブログやらでいつもお世話になってる倉下さんとべっくさんが講師となれば、参加するしかないじゃないか!

と思ったけど、よく考えたらその日は朝から仕事だった。そして19時からは大阪で別の予定が入ってる。そこへセミナーを放り込むってのは、どう考えても無茶じゃなかろうか。

それから申し込みを保留して数日が過ぎ、もうセミナー開催日が目前に迫ったころ、急に当日の仕事がなくなった。こうなったらセミナーに行くしかない!といそいそと申し込みを済ませて当日を迎えることになった。

f:id:koh0605:20151122221033j:plain

考えることを習慣化して、楽しく書く!

まず先に語り出したのは倉下さん。おうおう!けっこう書籍とかメルマガの宣伝やってはんでー!とか思いながら、最初の自己紹介を微笑ましく聴く。

やっぱり倉下さんは自分を「物書き」と称するだけあってとにかく書くことが生活というか人生の中心にある、というのが印象的だった。書籍は「依頼されて書くもの」だから、ストレスがたまることもある。そんなとき、好きなことを書くブログやメルマガは気分転換になるとか。

書くことでたまったストレスを書くことで解消する。こう書くと、もう何がなんだかわからない。でも、今ブログを書けなくなってるボクにとっては、これが1番大事なことのような気がした。趣味でやってるブログなんだから、書くことがストレス解消になるぐらい楽しんでやればいい。書くことが思いつかないとか、うまく書けないとか必要以上に悩んでしまうなら、しばらくブログから離れて他に楽しめることを探したほうがいいのかもしれない。

それから、日常的に書くための準備をすることや考えることの習慣づけがやっぱり大事だなと今さら思った。たぶん、もう人生で何回も同じことを思い直してる気がするけど気のせいということにしておく。

情報をどう活かすか?

べっくさんにははじめて会ったので、とにかく、ほうほうこんな感じの人なのかー!と観察(?)することに忙しくて、最初は周瑜ぐらいしか入ってこなかった。だって、周瑜をあんな使い方する人はじめて見たし。

それにしても、なんという密度の濃いプレゼン資料なんだ。そして、こだわり溢れるビジュアルイメージの数々は見る者を飽きさせない。まったりとしていてしつこくなくー!(やめれ)いや、茶化してるけど、あんなに作り込んだ資料と軽妙なプレゼンを自分の会社では見たことがないから、ちょっとした衝撃だった。

べっくさんもやはりアウトプットするためには、いかに情報収集し、いかにアイデアを逃さないようにするか?が肝心だと熱く語られていた。ボクは毎日のように漠然と情報に触れて、なんとなく気になったモノを保存している。そして、それで満足してしまっていて、どう使うかってのはちゃんと考えたことがない。

ただ、なんとなく集めたくなって集める。飽きたら捨てる。どうやらボクの基本精神は小学生のころから何も変わっていないらしい。なんとムダの多い人生だったんだろうとちょっと悲しくなってくる。いや、そこまで深刻に受け止めてはいないけども。人生にまで話を飛躍させなくてもよかろう。

べっくさんのようにきっちりフローを構築するのは、ちょっと自分の適当な性格ではキツいけど、せっかく触れたものをちゃんと取り出せるようにはしておきたい。できるだけ調べる手間を減らして考える時間を増やしたいもんね。

ブログ再生をめざしてみる。

自分は「物書き」であるとしっかり定めたうえで、その道で生きていくにはどうあるべきかを語る倉下さんと、なかなか自分が何者なのかを定めにくいビジネスパーソンが自分の道を見つけるにはどうすればいいかを語るベックさんの対比が、ボクとしては面白かった。しかし、面白かっただけで終わってしまうのはあまりにもったいない。

せっかくたくさんの刺激をもらったんだから、なにかひとつぐらいは行動を起こそう。とりあえず、今までろくに使えてないEvernoteに情報やらアイデアをためていくということからはじめよう。それから、それをどう使うかも考える。愚直にやり続ければ、すっかり停滞して風前の灯なボクのブログライフは再生できるだろうか?

リレーブログ企画 七人のブログ侍のこと。

このエントリーは実はリレーブログ企画「七人のブログ侍」向けに書いたモノだったりする。もうこの企画脱退しようかなぁとも思ったけれど、もう少し続けてみてすっかりブログが書けなくなってしまった状態からいかに再生していくかを語っていくつもり。やっぱり「趣味は書くことです」って言いたいのだよ。さて、明日金曜日担当は「ガジェとろ」の「アリマックス」さんだ。ぜひ、読みに行ってみて下さいまし。