読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いずれも。

あれもこれも、いずれも必然。

さらば、ほぼ日手帳オリジナル。

手帳 手帳-ほぼ日手帳

ほぼ日手帳オリジナルをやめることにした。

f:id:koh0605:20160418220712j:plain

ちょっと前から気づいていて長らく抗ってたんだけど、やっぱり今のボクには1日1ページのほぼ日手帳を使うのはムリだという結論に至ったので、ついにほぼ日手帳オリジナルを使うのをやめることにした。5年ぐらいのつきあいだったけど、しっかり書いてたのは3年ぐらいかなぁ。

1ページにその日のことがぎっしり書かれてる手帳を眺めていると、なんだかこみ上げるモノがあって嬉しくなる手帳変態なボクとしては、これは苦渋の決断である。しかし、書けなくてどんどん白紙のページが増えていくのは切なすぎるのだ。ほぼ日手帳には「日々の言葉」があるから書けない日があっても白紙にはならない、とかどこかに書いてあった気がするけど、それってボクの言葉じゃねえし。心のスキマは誰かの言葉じゃ埋められねえんだよ!って、なんのこっちゃ。

自分の属性が変わっただけだ。

今も変わらず、ボクは1日1ページのほぼ日手帳オリジナルがスキだ。持ち歩きには適さないけど、あの厚みと重量感、バタフライストッパーが大好きだ。しかし、いつのまにかボクは変わってしまった。以前のボクはもっと手書きにこだわっていたし「手書きでなければ自分の思いはリアルに残せない!」なんて本気で思っていた。いや、今でもちょっとはそう思ってるかな。

でもなー。こうやってブログ書いてると、ちゃんとデジタルで書かれたモノにも魂は宿るハズだと思いはじめるわけで。そう信じてなかったら、やたら時間を使ってコツコツとブログ書いたりしないよね。

気がついたら、いつのまにかボクの属性は変わっていた。「アナログがスキだけど、デジタルもいいな」と言ってたはずなのに「デジタルがスキだけど、アナログも捨てがたい」といつから言い始めたんだろう。そんなボクが1日1ページを手書きで埋めることはもうムリなのである。哀しいけれど。

でも、手書きは捨てない。

あくまでも「ほぼ日手帳オリジナルをやめる」と言い続けてるのは、手書きを捨てる気はないからだ。とりあえず、ほぼ日手帳WEEKSに乗換えしてデジタルとアナログの共存を目指してみる。思い切って他の手帳に乗り換えようかなとも思ったけど、どうにもほぼ日手帳がスキなんだからしょうがない。

手帳をやめるとかやめないとかうだうだ言ってるだけで1,000字ぐらい書いてしまうボクは、まだまだ手帳をやめるわけにはいかないみたいだ。