読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いずれも。

あれもこれも、いずれも必然。

おかえり、ほぼ日手帳オリジナル。

3ヶ月ぐらい前にボクはほぼ日手帳オリジナルをやめて、WEEKSに乗り換えた。

www.izuremo.com

気がついたら、いつのまにかボクの属性は変わっていた。「アナログがスキだけど、デジタルもいいな」と言ってたはずなのに「デジタルがスキだけど、アナログも捨てがたい」といつから言い始めたんだろう。そんなボクが1日1ページを手書きで埋めることはもうムリなのである。哀しいけれど。

どうやらボクはまちがっていた。かなりデジタル寄りになってたつもりだったけど、やっぱりボクはアナログ派だったのだ。Evernote+ほぼ日WEEKSの運用はちっともうまくいかなくて、ライフログを残す習慣、手帳を書く習慣、ついでにブログを書く習慣まで失われそうになっている。なんでそんなことになってしまったのか、ちょっと書いてみることにする。

WEEKSでは書くことの選択がめんどくさい。

ほぼ日手帳オリジナルに比べてWEEKSは当然ながら書くスペースがせまい。だから、あれもこれもと書くわけにいかない。Evernoteとメモ帳を使っていろいろ書き残してから、特に残しておきたいことを選んでWEEKSに転記する、ということをしばらく続けてたんだけど、あまりにもめんどくさくてやめてしまった。

まぁ、たまに歯をみがくことすらめんどくさくなるボクがそんな面倒なことを延々と続けられるはずないじゃないか。というわけで、もうEvernoteだけでいいんじゃないの?と思い、ボクはついに手帳習慣を失ってしまった。

Evernoteでは読み返しがたのしくない。

そんなわけで、ボクはEvernoteでちょこちょことログを残しはじめた。

しかし、会社にいるとき、いつでもスマホでメモれるわけじゃない。会議中とか誰かが話してるときに、いきなりスマホを取り出せる雰囲気はうちの会社にはないし、パソコンからEvernoteに送ろうとしても、別の仕事をやってると見なされそうでやりづらい。メモ帳に書いてEvernoteに転記するのはやっぱりめんどくさい。

そして、困ったことにEvernoteでのライフログの読み返しはなんだか楽しくないのだ。「なんだかってなんだよ」とEvernoteマニアな方々に怒られそうだけど、実際そうなんだからしょうがない。ほぼ日手帳オリジナルを使ってたころは、1週間前って何やってたっけ?1ヶ月前は?1年前の今日は?と振り返るのが楽しかったなぁ。汚くて文法的にめちゃくちゃな手書きの文章には感情があふれてたんだよな。

オリジナルの厚みが恋しくなった。

もうひとつボクにとっては大事なことなのに忘れてたことがあった。どんどん書いて、どんどん貼って厚みが増していく手帳を見るのが、どうやら自分が思ってた以上にうれしいモノだったらしい。軽くて薄くてどこへでも連れていけるほぼ日WEEKSだったのに、いつのまにかどこへも連れて行かなくなって、開くこともなくなってしまった。ボクにはスマートさは必要なかったのだ。

でも、1回離れてみないとほぼ日手帳オリジナルの良さをこうして再認識することはなかっただろうし、ちょっとふらふらしたことにも意味はあったんじゃないかなぁ。また、これからはなんでもないようなことをつらつらと手帳に書き残していこう。そうこうしながら、ブログのネタを思いつくことも多かったから、もしかしたら、更新頻度も上がるのかもしれない。まー、それは期待しすぎかなぁ。

f:id:koh0605:20160801221808j:plain