ブログを書くためにやめること

2023年7月19日  2023年7月19日 

 Q : ブログを継続更新するにはどうすればいいか?

もう前回「イズレモシモ。」を更新したのは、去年の12月で今年はまだ1回も更新していない。

半年以上も更新しなかったら、もし読者がいたとしても、離れていって当たり前の休止期間の長さだ。

その間、何も書いてなかったのかというとそうじゃなく、Obsidianには常に何か書いているし、Scrapboxや noteはたまに書いている。

1番書きたいはずのブログはまったく書けていない。この1番やりたいことを妨げる要因はなんだ?どうすれば継続的にブログを書けるだろう?

A : ブログを書く手間を徹底的に減らす

ブログの継続を妨げるものとして、まず思いつくのは、文章を書く以外にやることが多すぎる、ということだ。

noteなら書けるのにブログが書けないのはこのせいだろう。

1.アイキャッチの設定をやめる

まず画像を作るのがとても面倒なアイキャッチについて考える。このイズレモシモ。のような隠れ家ブログは、Twitterで目に止まるように通知して、読んでもらわなければ、なかなか読んでもらえない。

ずっとそんなふうに思い込んでるけど、本当にそうか?アイキャッチがあってもなくても変わらないなんてことはないか?

僕自身は読みたいブログはrssリーダーに登録してるから、アイキャッチの有無はあんまり関係ない。

そういえば、イズレモシモ。はrssを配信してないので、登録してくれる人がいるかどうかは別として、設定しておいたほうがいいな。

あとはBloggerのテーマをアイキャッチがなくても気にならないものに変える。「F-light」はかなり気に入ってるけど、シンプルな「オーロックスII」に変える。

2.パーマリンクの設定を簡単にする

あと手間がかかってるのは、パーマリンクの設定だ。記事の内容がわかりやすいものにしたほうがSEO的にも良い、というのを受けて、内容に合ったキーワードを英語で設定している。

僕は英語が得意ではないから、いちいち書いた記事のタイトルを英訳してみて、それっぽいパーマリンクを設定してるけど、 これは無駄な労力だ。せいぜいキーワードひとつのシンプルな設定に変えよう。

3.markdown→HTML変換をやめる

それからもうひとつ、記事を書くとき、markdownで書いて、ツールを使ってHTMLに変換してBloggerのエディタに貼り付けるということをやってるのだけど、これもめんどくさい。

ただ文章をつらつら書くだけの内容なら、そう見た目にこだわりすぎず、さくっとテキストを貼り付ければいいじゃないか。

ということで、徹底的にブログを更新するうえでの妙なこだわりをすてて、さっと更新する方法を考えてきたわけだが、たぶん1番大事なのは、なんでも気軽に書くという気構えだろう。

こうして書いた内容を読み返して、なんか内容がないよう、と公開をためらうことがしょっちゅうあるのだが、そんなことは気にせず、勢いで更新してしまうのが1番大事な対策に違いない。

ー記事をシェアするー
B!
タグ

コメント

人気の投稿