いずれも。

あれもこれも、いずれも必然。

どうにも片付けられなくて「鬼速片付け」を試してみることにした。

夫婦揃って片付けられない人なんです。

ボクは片付けられない。テレビで見るようなゴミをかき分けて進むような汚部屋になったことはないが、急に人が来たら全力で部屋に入れるのを回避するぐらいの汚部屋に暮らし続けている。

色んな本やネット記事を読み、様々なやり方を試してみたけれど、どうしてもリバウンドしてしまう。あ、ちなみにボクは結婚してるけど、残念ながら夫婦揃って片付けられない人なので、散らかしパワーは2倍、子どもが育つにつれて散らかしパワーは5倍以上になった。対する片付けパワーは微弱すぎて、やってもやっても片付かず、微かな片付け意欲は呆気なく削られ、消えてしまう日々である。

性懲りも無く片付け本に手を伸ばす。

なかなか捨てられない人のための 鬼速片づけ

なかなか捨てられない人のための 鬼速片づけ

それでも、このままではいけない!とボクはまた新たな本を手にとった。「なかなか捨てられない人のための 鬼速片づけ」である。鬼速ってのはなかなか凄そうだ。めっちゃ早そうだし、片付け意欲が失せる前に片付けが終わるかもしれない。

さっそく読んでみるとそのやり方は驚くほどシンプルで肝になるのは①全部出す②使う、捨てる、保留の3つに分けるの2つだけだった。ほんまにこんなもんで片付けられるんかいな、と疑念が湧いてくる。

手始めにどこかで試してみようと思うのだけれど、なかなか家の中にすべて自己判断だけで片付けられるスペースがない。自分では判断できないものは保留しとけばいいのかもしれないが、保留箱が溢れかえる可能性もあるし、効果を実感しづらいだろう。

しかたない。よーし!やったるでー!と取りかかる前にちょっと落ち着こう。まずはやり方を整理してパッと見て分かるようフロー図にまとめてみた。やはりプロセスはまとめるまでもないほど単純だ。これをどれだけ鬼速でやるか?具体的には手にとったものについて5秒でどうするかを判断するってのがポイントだな。

f:id:koh0605:20190929221904p:plain
鬼速片付けフロー

財布で鬼速片付けを試そうとするも、効果を実感できず。

どこから取りかかればいいのやらと暫く悩む。そうだ。すべて自己判断でやれる整理できてないものをいつも持ち歩いてるじゃないか!(いばれない)いつのまにかパンパンになってしまってるこの財布を鬼速で片付けられるか試してみよう。

まずは全部出し。財布の中身を全部ぶちまけてみる。最近は小さいふのボタンを閉じるのが危ういような状況だから、何かを減らさなきゃいけないのはたしかだ。

財布の中身はこんな感じだった。

  • お札8枚(すべて万札・・・だったらいいな)
  • コイン16枚
  • カード9枚
  • レシート30枚(!)

財布だけで「片付けられない人」がばれるって相当だな。これってただ単にレシート入れ過ぎでパンパンになってるだけやん。これじゃ鬼速片付けの効果は十分にはかれない気がする。まぁそれでも一応やってみるか。

まず古いレシートはすべて処分だ。最近つけられてない家計簿をつけるにしても、そんなに前からつけるのは無理だし、ごく最近のものだけを残して捨ててしまおう。カード類も減らせたらと思ったけど、免許証やらクレカ、保険証、イオンのオーナーズカードやWAONと身分証明やら日常使いに必要なモノばかりで減らせなかった。

5分ぐらいで財布の片付けは終了。これが鬼速片付けってやつか!!・・・とはならず、ちょっと最初に取り組む対象としては不適切だった気がする。何らかのメソッドを使うまでもなく、レシート捨てたら良かっただけだもんな。まぁ、財布がパンパンじゃなくなったのはよかったからいいか。

ちょっと別の場所を選んで仕切り直しすることにしよう。今回はここまで!