読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いずれも。

あれもこれも、いずれも必然。

人はつい欠けたところばかりあげつらってしまう存在である。

仕事観 仕事観-心の闇

ふと思い出した長いトンネルを歩む日々。

こんなこと言ったらバカにされるかな、ガッカリされるかな、と怯えたり、言動を否定されないか常に緊張していると、そのことにばかり労力を割くハメになって、本来の能力発揮にかける余裕がなくなってしまう。(インターネットの備忘録)

hase0831.hatenablog.jp

これを読んだ瞬間、あぁーって思った。思わず声が出そうになって、会社だったから抑えた。あの頃のボクにとってそれは「かな」ではなくて、確実に訪れる現実だったから、言動を否定されないためにどうたち振る舞えばいいか?ばかり考えて、上司と面と向かうだけで著しく疲弊していた。

いつからこうなってしまったんだろう?最初からこうではなかったはずだ。ボクが期待を裏切ってこんな状況を自ら作り出してしまったんだ。そんな感じに自分を責めてボクは長いトンネルに踏み込んでしまった。そんなとき、引用したような考えを踏まえて言葉をかけられたなら、きっと声をあげて泣いただろう。本質とは大きくズレたところに囚われて、愚かだと思いながら、行くことも戻ることもできずにいたんだよなぁ。

ホントはファンタジーとは思いたくない。

あれから数年がすぎて、ボクはまた別のまず否定から入る上司と仕事をしているけど、もう必要以上に自分を責めるようなことはなくなったものの、やっぱり否定されないかと緊張してる自分を感じることは多い。まぁ、そう簡単に人は変われないな。

ただ、これは自分だけじゃなく、周りを見渡しても目につく光景だったりする。今日も痛感したんだけど、社内の会議に参加しても、誰もが否定から入るし、発言者に対して肯定的な言葉をかける人は一人もいない。ボクは転職経験がないから、他の会社を知らなくて、会社とはこういうものなのかと思うしかないんだけど、実際のところどうなんだろう?

正直いってボクにとってはせ おやさい (id:hase0831)さんの言葉はファンタジーのようで、まったくリアリティがない。部下を否定している上司もまたその上に向かって否定されないために必死で余裕がない感じがする。「部下の精神的な安心」なんてことを考えられる上司がホントにいるんだろうか?そんなの都市伝説なんじゃないか?なんて思ってしまう。いつかボクは部下に自分と同じ思いをさせない上司になりたいと思っていたけれど、いろんな意味でそれは難しそうだと思い知らされている。

はせ おやさいさんの言葉をファンタジーだと思ってしまう自分が悲しいなぁ。あまり書きたくないネガティブな内容だけど、こんなことを思ってたときもあったな、といつか笑えると信じて書き残しておく。これもファンタジーだな。あぁ。

はじめてのてちょけん。

手帳 手帳-手帳イベント

群れるのはスキじゃないけど、てちょけんに参加する。

ボクは群れるのがスキじゃない。集団の中にいるのは疲れるし、なんか身の置きどころに困るあの感じも苦手だし、深く踏み込んでいけば、人間関係の難しさに打ちのめされたりもするし、まぁ、正直なところ一人でいたほうが気が楽だ。既婚者が何言ってる?と言われそうだけど、たぶん、何かの偶然がなければ、ボクは生涯独身を貫いていてもおかしくない性格だろうなという気がする。じゃあなんで?という話を掘り下げようとすると「なんだよのろけかよ」的な話になる気がするので、それは別の機会に思う存分語るとして、今回書きたいのはあくまでもてちょけんの話である。

techoken.com

そんな感じなのでボクが人の中に入っていこうとするときは、いつだって「好奇心」と「めんどくさい」がせめぎ合っている。てちょけんの存在は前から何かで見て知っていたし、興味はあった。でも、先に書いたとおり、新しい集団の中に入っていくのはめんどくさいなぁと思いながら見送っていたのだ。2016年はいろいろ停滞した。このブログだって停滞してたし(今も)ほぼ日手帳もかなり白紙ページが増えてしまっていた。なんかちょっと刺激が必要だよなぁ。何もなしに自分だけの「2017年こそはー!」みたいなのに期待しても、気がついたら「2018年こそはー!」とか言ってそうな気がしてならない。そんなときふと思い出したてちょけん。ブログをどうするかはとりあえずおいといて、とりあえず手帳ライフをなんとかしよう。

好奇心がめんどくさいを上回った瞬間。

うわ!勢いで申し込んじゃったよ!みたいな感じでてちょけん初参加へのカウントダウンははじまった。一瞬だけ「好奇心」が「めんどくさい」を上回ってしまったのだ。それにしても、前置きが長すぎる。はじめてのてちょけんの体験談がはじまるまで読み続ける人がいる気がしない。

てちょけん会場に行くと、レジュメとスタンプカード、首からぶら下げる名札を渡された。うわ。ある程度予想してたけど、異常に女子率高いな!これはさらに溶け込むのが難しそうだ。そして、テーブルに山と積まれた手帳たち。とりあえず、持参したおにぎりにかぶりつく。うわ。のりがめっちゃちらばる。人の手帳を汚したらどうすんだ。これは痛恨の選択ミス。もう辛子明太子はやめておこうか。いや、でも一個じゃ夕方までもたないだろ。

え?その手帳の山って、歴代の手帳とかじゃなく全部現在進行形ですかー!ほぼ日手帳1冊すら全然書けてないボクは、どうやら来る場所を間違えたらしい。一人ずつ自己紹介していくんだけど、みんな「メインは〜」みたいな言い方をしてて、ここでは複数手帳使いがアタリマエみたい。いつも会社で手帳を書いてると異端視されるボクだけど、ここに来ても居場所はなさそうだ、みたいなことを思わず自己紹介で言ってしまった。

手帳を楽しそうに使ってる人たちの話は楽しい。

はっきり言ってその熱量にはついていけないとはいえ、手帳を楽しそうに使ってる人たちの話を聞くのは楽しくて、それだけでもここに来た意味は十分にあった。なんの具体性もないけど、あー!なんかもうちょい手帳たのしんでやる!もっとやれることあるはず!とか思ってしまったしね。

とにかく手帳が好きなら、てちょけんは一回は参加しておいたほうがいいイベントじゃないだろうか。単純に「あぁ、手帳って、やっぱ楽しいよなー」と思わせてくれる空気があるのは間違いないから。そして、手帳を見せ合う文化ってのは新鮮すぎておもしろい。もうちょい慣れたら、いろいろ質問したり、自分の工夫を語ったりできるようになるかもしれないけど、2〜3回は参加しないとムリかな。

また「好奇心」が「めんどくさい」を上回る瞬間が訪れたら参加することにしよう。そうしよう。

f:id:koh0605:20170213012802j:plain

奈良 菖蒲池でこんな美味しいカレーが食べられるとは! 具沢山でスパイシーでぇ〜(以下略)【カレー処プラーナ】

うまいもん うまいもん-カレー

久々に今まで行ったことない店に行こう!と急に思い立ち、さくっと検索して出てきたあやめ池のカレー店プラーナに行くことにした。あやめ池には子供のころに遊園地に行った記憶があるけど、もう何年ぶりだろうか。

菖蒲池駅で降りて少し歩く。天気予報は雪だったこともあって、かなり風が冷たい。顔が痛い。プラーナは、想像してた以上に小さな店構えで、ちょっと見落として通り過ぎてしまったけど、方向音痴のボクでも迷いようがないくらい駅から近い場所にあった。ホントに徒歩1分ぐらい。

f:id:koh0605:20170114132933j:plain

中に入ると食欲をそそるカレーの匂いがボクらを出迎えた。ボクは迷わず3種類のカレーが楽しめるセットを注文。ちょっとお高いけど、デザートもついてくるしね。だいたいはじめてのお店に行くと「店長のオススメ」とかを選ぶうちの奥さんは、結構迷って本日のオススメ(ココナッツチキン)を注文した。

続きを読む

【バイオハザード・ザ・ファイナル】ついにアリス最後の戦い!4DXでがっつり見届けてきた。

映画・ドラマ 映画・ドラマ-バイオハザード ゾンビ ゾンビ-バイオハザード

14年続いたバイオハザードもついにファイナル。ストーリーはおいといて、魅せることにこだわり抜いたアクションでは、やっぱり期待を裏切らない。アリスの戦いはどう収束するのか?人類は生き残れるのだろうか?

f:id:koh0605:20161225135846j:plain

バイオハザードファンとしては、ファイナルとか言われると映画館へ足を運ばざるをえないだろう。ということで、アリス最後の戦いを4DXで見届けてきたので、少し語ってみる。

前作から4年も経ってるし、正直言ってもう全然覚えてない。でも、ストーリーなんて全然わからなくてもミラ・ジョヴォヴィッチのかっこよさを楽しめばいい映画だから問題ないだろう、と思いつつ席に着く。まぁ、予想どおり4DXとの相性は抜群で椅子にしがみつくのに疲れるぐらい動いたし、やりすぎだろ!ってぐらい水もかけられた。これはもはや映画というより、完全にアトラクションだな。

続きを読む

自分の性格をかなり的確に言い当てられるディグラム診断がおもしろすぎる。

書評・読書・Kindle 書評・読書・Kindle-本のある暮らし

新年を迎えると、なんとなく新たな本に触れたくなる。その衝動に応えるには、やっぱり電子書籍じゃなく紙の本が必要で、ボクはそそくさと本屋に向かった。気になる本を数冊買ったんだけど、そのうちの一冊がこの本。

1400万人の新ディグラム性格診断

1400万人の新ディグラム性格診断

性格診断というやつは、なんか時々やりたくなる。まぁ、なんのツールもなしに突然自分を振り返るってのは難しいから、楽しんで振り返れる性格診断ってのはいいんじゃなかろうかと思ってる。ということでさっそくやってみよう。

続きを読む