読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いずれも。

あれもこれも、いずれも必然。

このブログは全然「いずれも。」じゃないことに気づいてしまった。

ブログのアクセス激減から1ヶ月がすぎて。

あれから1ヶ月以上がすぎ、3分の1になったと言っていたブログのPVは更に減って4分の1、いや5分の1ぐらいにまで減少した。あ、あれからというのはこれのことね。

www.izuremo.com

いろいろ調べたり、試したりしたけど、何ら改善は見られず、もう素直に現状を受け入れることにした。もともと特に狙って書いてるわけでもなく、たまたまやけに検索される記事が現れて、それが今までは過大評価されすぎていたんだろう。今の状況がきっと分相応なのだ。

自分の書いたものでどれが安定的にPVを稼いでいたんだろう?とか今回はじめてちゃんと振り返ったけど、2015年ごろに書いたものが多かったんだよなぁ。内容が古くなってGoogleでの検索順位が下がっただけのものもたくさんありそう。

あまりにも急激な変化に動揺しまくったけど、もともとPV至上主義じゃないし、ブログでお金を稼ぎたいわけでもないから、気持ちを切り替えて2017年の思い入れのある記事を増やしていこうと思っている。

ブログテーマを「stripe」に変更してみた。

ちょっと気分を変えるためにはてなブログのテーマを変更してみた。シンプルで誰もが使いすぎていないテーマがいいと「stripe」を選択。テーマの作者さんがブログでカスタマイズ方法を詳しく書いてくれているのも、まったくスキルがないボクにはありがたい。

stripe - テーマ ストア

design.syofuso.com

イメージカラーだけは変えたくない。記事の幅はもうちょっと広げたい。引用デザインは変えたいな。そんな些細なカスタマイズをするのもボクにはけっこう大変なんだけど、詳しい解説があったおかげでずいぶん楽にこなせた。

カテゴリを整理してみて気づいたこと。

イメージカラーを使ったグローバルナビゲーションを付けたい。そのまえに散らかってるカテゴリを一回整理したほうがいいか。そんなことを考えつつ、けっこうな時間を費やしてカテゴリを整理すると、記事数の多い順で1位がブログ、2位が人生、3位が仕事となっていた。

そんなにブログにブログのことばっかり書いてるのか!それってブロガーじゃない人が読んでも全然面白くないじゃないか。と言いながら、今書いとるこの記事にも「ブログ」ってカテゴリ付けとるやないかい!そして、人生と仕事ってかたい。かたすぎる。いつのまにそんなマジメすぎるブログになってしまったんだ・・・ってオマエが自分で書いとるんやないかい!

ちょっと偏りすぎてるな。それって全然「いずれも。」じゃないよなぁ。今の状況だとせいぜい「あれとこれと」ぐらいだろう。ブログタイトルに偽りありだ。これはブログ云々の話じゃなくて自分の思考がとても偏っていたり、視野が狭くなってることの表れかもしれない。

もうちょっといろいろ書いていきたいなぁ。いや、書いていこう。

心貧しく人を見下してないで、思考プロセスを楽しみたい。

自分の中にある見下しに気づく。

ボクは今自分と同じ年頃の派遣社員の女性といっしょに仕事をしている。最近はとても人の入れ替わりが激しくて、2年ぐらいの間に3人も人が去って行き、彼女は4人目のパートナーということになる。 なぜ、そんなに人の定着率が悪いのか?というのも思考したいけれど、今回は別に考えたいことがあるからスルーする。今1番気になるのは「人に考えてもらうにはどうすればいいか?」だ。

そのまえにこのテーマを落ち着いて考えようとしたら、自分の中にあるイヤな思考に気付かされてしまったので、自白しておくことにする。あんまり向き合いたくないことだけど、そういう人のキレイじゃない部分こそ、読んでいて面白いと自分が感じるからには、人に提供しないわけにはいくまい。

続きを読む

すべての命が尊いなんて思えない。

命は尊いものだけど、それを平気で脅かすようなヤツの命は尊くない。

「すべての命が尊いなんて思えない」と言い放つとなんだか背徳感に襲われる。この言葉には明確な差別意識があるからだ。尊くない命なんかあるはずないじゃないかと責められてもしかたない。

しかし、くだらないことで簡単に人の命を奪うようなヤツの命は尊いと言えるだろうか。いや、人の命を奪わなくても、生かさず殺さず自分の利益のために人を利用するようなヤツの命は尊いと言えるだろうか。

続きを読む

暑くもないのに汗だくになって目がさめる。

な、なんだこれ?!目を覚ますと、上半身びしょぬれ状態だった。まだ寝ぼけてて何が起こったのか理解できない。しばらくすると、これは尋常じゃない汗の量だと理解した。

上半身は絞れるくらいびしょぬれだから、とりあえず着替えるしかない。枕もぐっしょりと濡れて変色している。横で寝ている奥さんを起こさないようにこっそりとベッドを抜け出した。

続きを読む

やさしくないボクの失敗。

また一人身近な人が長期療養に入ってしまった。もうこれでうちの会社で長期療養に入った人は何人目だろう?これって近頃はどこでも多く見られる現象なんだろうか?ボクは転職したことがないから、他の会社のことは知らないけど、やっぱりこれは普通じゃないだろう。

いや、一般的にどうなのかなんてのは、はっきりいってどうでもいい。それより何より彼が今どんな状況にあるのかがとても気がかりだ。

続きを読む